ベット

カジノも恐れるブラックジャック最強の必勝法「カードカウンティング」とは?

はじめ方カードカウンティングのブラックジャック 7407

このカードカウンティングは、ロジャー・ボールドウィン(Roger Baldwin)という人物が行なった、「数学の理論をブラックジャックに応用できる」という年に発表した提案を、エドワード・O・ソープ(Edward O。

ブラックジャックのカウンティング

オンラインカジノとは、ネット上で遊べるカジノ(ネットカジノ)の事です。 「登録の方法」や「入金・出金の方法」など、初めての方でも オンラインカジノ について分かりやすく書かれているサイトを見つけました。 こちらのサイトは詳細が分かりやすく、当サイトのようにおすすめのオンラインカジノをきちんと検証されているのでおすすめです。 今日のカウンティングは一般的に3つの要素によって構成されていあす。それは 「レベル」、「タイプ」、「サイドカウントの有無」 の3つです。ここではそれぞれの要素を説明しながら使い方をマスターしていきます。 レベルとは、それぞれのカードに割り当てられる整数のカウント値を言います。レベルには値があり、 「-1、0、1」 と整数が1の場合はレベル1、 「-2、0、2」 と整数が2以上の場合はレベル2といいます。 タイプとは、カウンティングシステムが 「バランス」 か 「アンバランス」 を示します。ちなみに「バランス」でも「アンバランス」でも ランニングカウントを用いて数字の状況を管理 していきます。

はじめ方カードカウンティングのブラックジャック 24733

カードカウンティングの実態を紹介

オンラインカジノの場合は、メモを取っても注意されませんのでカウンティングが使えます。 ただし、通常のゲーム(コンピュータと対戦するタイプ)の場合は、カウンティングはほぼ効果がありません。 カウンティングはまだ配られていないカードを把握する攻略法です。 通常のカジノゲームの場合は、配られるカードがどこでリセットされているか分かりませんし、いくつのデッキが使われているかも定かではなく、カードをいくらカウンティングしてもあまり意味がありません。

カウンティングの基本: ハイローシステム

日本のパチンコやパチスロ、ランドカジノ(本場のカジノ施設)や オンラインカジノ(ネットカジノ) のカジノゲームには攻略法や必勝法があると言われていますが、ギャンブルゲームの中でも ブラックジャック のものが特に有名で、世界中のプレイヤーの間で様々な攻略法や必勝法が使われています。その中でも知名度の高い大人気なブラックジャックの必勝法が 「 カードカウンティング 」 です。カウンティングはブラックジャックに限らずバカラでも使われている方法で、ギャンブラーの中でも欠かせない必勝法となっています。この記事では、そんなブラックジャックの必勝法「カードカウンティング」について詳しく解説していきます。 カウンティング法を覚えることでブラックジャックでの勝率や利益を格段に高めることができます ので、ぜひ覚えてみてください。 カウンティングの結果が「マイナス」になる場合 2。 ブラックジャック の必勝法 「 カードカウンティング 」 とは、 場に出た全てのカードを記憶することで、まだ場に出ていないカード( シュー の中のカード)を予測 する行為を指します。シューの中のカードはゲームを進めていくことで変化し、必ず偏りが発生します。その偏りを上手く逆手にとって利用するのが、このブラックジャックのカウンティングの考え方となっています。 ブラックジャック と言えば、ジョーカーを除く52枚のトランプカードを1 デッキ とし、1デッキ~複数のデッキを使用するカジノゲームとなっています。このトランプカードが持つ数字とは別に、ブラックジャックでは特殊な数字の数え方を行います。「2~9」のカードをそのままの数で計算し、「10」「J」「Q」「K」のカードを「10」として計算し、「A」のカードを「1」もしくは「11」として計算します。ブラックジャックでは数値が「10」として扱われるカードが非常に多く含まれているんですね。そのため、「10」「J」「Q」「K」の 「10」の役割を持つカードが シュー の中にどのくらい残っているかを把握することが カードカウンティング 法において最も重要なポイント となっています。 例えば、プレイヤーであるあなたに「8」と「3」の2枚のカードが配られたとしましょう。この2枚のカードの合計数は「11」です。この時、もし シューの中に「10」の役割を持つカードが多く残っている ことを知っていれば、 「10」を引いて「21」にすることができる有利な状況 にあるということが分かります。 次に、プレイヤーであるあなたに「8」と「7」の2枚のカードが配られたとしましょう。この2枚のカードの合計数は「15」です。プレイヤーに配られた2枚のカードの合計数が「15~17」であった場合、「10」を引いて BUST (バースト) してしまう可能性が非常に高いため、無理な勝負はしない方が良いという賢明な判断を行うことできます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。