ベット

IRの候補地は? カジノとの違いは? - 日本におけるIRの重要性と目指すべきビジョン

ギャンブルカジノを含む統合型リゾート 38105

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。

関連語をあわせて調べる

IRに関する有識者で構成される特定複合観光施設区域整備推進会議(通称、「IR推進会議」)は、平成29 年7月31 日に内閣総理大臣に対して議論内容を「特定複合観光施設区域整備推進会議取りまとめ~「観光先進国」の実現に向けて~」(以下、「IR推進会議取りまとめ」)として会議の報告書を提出しました。IR推進会議取りまとめは、IR設置に必要となる法制上の措置(いわゆる「IR実施法案」)の骨格となる内容です。本稿ではIR推進会議取りまとめの概要を解説します。 日本において想定される統合型リゾート(IR:Integrated Resort)ビジネスの理解を深めていただくため、年11月に国際観光産業振興議員連盟(IR議連)が公開した「特定複合観光施設区域整備法案(仮称)~IR実施法案~に関する基本的な考え方(案)」、及び12月に提出された「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」の概要を説明します。 成長戦略の一つとして注目を集めている統合型リゾート(IR:Integrated Resort)について、世界各地域のゲーミング(カジノ)市場の概況と、主要なIR施設についてご説明いたします。 本稿では、IR事業 カジノ事業)におけるリスクマネジメントの必要性とIR事業に特有なリスクの概要及び今後、IR事業への参入を検討する企業におけるリスクマネジメントの進め方を解説します。

▼ IRの候補地は? カジノとの違いは? - 日本におけるIRの重要性と目指すべきビジョン

お金を 賭 か けてゲームを楽しむ場所(カジノ)の入った「統合型リゾート(IR)」をつくる計画が進んでいる。全国の8地域が検討していて、最大で3カ所が認められる見込みだが、賭け事(ギャンブル)にのめり込む人への対策ができていないという声も根強くある。 カジノは、お金を賭けてトランプやルーレット、スロットなどのゲームができる場所のことだ。世界ではアメリカのラスベガスが有名で、日本の近くでは、韓国や中国の特別行政区のマカオと香港にもある。  日本でも今、カジノを含め、国際会議場やホテル、劇場などの娯楽施設を合わせた「統合型リゾート」をつくる計画が進んでいる。英語では「Integrated Resort」。この頭文字をとって「IR」と呼ぶ。  日本の人口はだんだん減ってきているうえ、お年寄りが増えていて、これまでのように経済を成長させることが難しくなっている。政府は、外国から日本に来て観光する人の数を増やすことで、これを補おうとしている。  年は万人の外国人が日本に旅行に来ていて、これを30年に6千万人にまで増やすつもりだ。カジノがあれば、より多くの外国人に来てもらえると考えている。  カジノで稼いだ利益はIRの他の施設を運営する費用に回す見通しで、利益の3割を国や地方自治体に納めるルールもある。人口が減って働く場所も少ない地方の自治体の中には、落ち込んだ経済をカジノで元気にしたいと考えているところもある。

カジノ含む「統合型リゾート」計画進行中

このセクションではIRをめぐる日本の歴史と現在の状況について述べていきます。 日本におけるカジノ誘致は、石原慎太郎氏が東京都知事を務めていた時代からスタートしています。 年4月に都知事に就任した石原氏は、東京都の財政再建という課題に対して「お台場カジノ構想」を掲げました。その経済波及効果は最大2,億円と試算されており、全国の自治体にも注目されました。 しかし年6月、石原都知事(当時)は、お台場でのカジノ実験計画の中止を発表。事実上の「カジノ構想の断念」をアナウンスしました。その計画中止の背景には、ギャンブル市場の実質的な既得権益を保持していたパチンコ業界の猛反発があったとされています。 その後、約10年に渡って日本におけるカジノ構想は目立った動きがありませんでした。 しかし、その一方で、年8月にシンガポールの3代目首相リー・シェンロンはIR導入を宣言。翌年4月にはマリーナベイ地区とセントーサ地区の2カ所にIR施設を設置する計画案を発表。やがて年には国内に2つのIR施設をオープンさせました。 再び日本に目を向けてみると、年4月、民主党の古賀一成衆議院議員を会長とする超党派のIR議連(国際観光産業振興推進議員連盟)」が発足します。 そして年12月には先述の「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」が公布・施行されたのです。 それでは年現在の日本のIRをめぐる状況はどうなっているのでしょうか? 結論から言えば、IRをめぐって日本の地方自治体間での誘致合戦が過熱しています。 言うまでもなく、多くの地方経済にとって、観光分野は今後さらなる成長が見込める貴重な地域産業です。自らの地域にIRを誘致することは、MICEを筆頭とする海外からのビジネス客の取り込みを始め、それにともなう小売業や飲食業やサービス業といった、地方経済の発展に直結しているからです。 現在、日本国内では2〜3カ所のIR設置が予定されているようですが、関東と関西に1カ所ずつというのが有望視されています。 関西だと、大阪市が年開催の大阪万博会場の跡地となる人口島「夢洲(ゆめしま)」が最有力の候補地に挙げられており、和歌山市がそれに続いています。 関東では、横浜市の林市長による突然のIR誘致表明が話題となっていましたが、東京都と千葉市も誘致に手を挙げています。 これらの誘致合戦は、年の東京でのオリンピック・パラリンピック開催後に大きく動き出すという見方が有望ですが、いずれにせよ予断を許さない状況であるようです。 IR生誕の地であるネバダ州(ラスベガス)が有名ですが、アメリカではカジノ合法化の決定権は州ごとに存在します。 現在、アメリカ国内でカジノ合法化をしているのは17州。さらにアメリカ先住民自治区(インディアン居留区)でカジノの運営が認められています。おおむねIR市場は拡大傾向にありますが、各州による競争が激化しているとの見方もあります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。