ベット

麻雀でテンホウの出る確率とは!あの大物芸能人が出したって本当?

確率事象オンライン麻雀 42743

リーチを受けた時に、「無防備な打ち手が増えて反撃のチャンス」とは思わないのに、自分がリーチをする側になると、「反撃されるのが嫌」と思いがちな人が一定数いるのは「自分には自分のリーチの待ちが悪いと分かるので、相手にも何となく見透かされているかもしれない」という人間心理から来るのかもしれません。  また、先行リーチに追いかけられて高打点に振り込む確率は、低いとはいっても数戦も打てば起きても珍しくないレベルです。こういった現実的に起きる低確率な事象は、人間の体感では起こる確率を高めに見積もりがちです。  ただし、本当に先制テンパイといってよいのかという場況判断、あるいは、テンパイ以前によりよい待ちでリーチを打つ頻度を挙げること自体は重要です。リスクの見落とし、良形テンパイにできたにもかかわらず悪形が残ってしまうというミスも、初心者や場を把握する能力に劣る打ち手によく見られます。  以降のテーマでも何度も取り上げることになりそうですが、見落としや手順ミスは可能な限り防ぐべきです。「昨今の麻雀戦術本に書かれている通りにやっているのに勝てない」打ち手は、「旧来の誤った麻雀戦術を少なからず未だに信じているが、それなりに結果を残している」打ち手と比べると単純なミスがやはり多いものです。覚えたセオリーにこだわり過ぎると、場況を把握することを怠りがちです。

「起こりにくいこと」への誤解

本記事は ベイズ 推定の入門記事です。 ベイズ 推定を用いて「二度あることは三度ある」確率を 定量 的に評価し、どんな場合に「三度目の正直」の方が信頼できるかを明らかにします。 日本語には 「二度あることは三度ある」 、 「三度目の正直」 という一見すると矛盾したことわざがあります。国語の授業で勉強した際に、どちらが正しいのか疑問に思った方も多いのではないでしょうか。 このように私たちがことわざを使い分ける際には、「4番打者が三振する確率は低い」、「うっかり者は宿題を忘れやすい」といった 「主観」 をベースに「同じ事象が2度繰り返された」という 「情報」 を織り込んで確率を評価しています。 このように 「主観」 と 「情報」 を用いて確率を 定量 的に評価するのに適しているのが ベイズ 推定 です。 今回はこのような ベイズ 推定を利用して、「二度あることは三度ある」確率と「三度目の正直」となる確率を比較してみます。

いまブロマガで人気の記事

天鳳など、いろんな所で打っていて、ここで文句を垂れてる人達の言い分もわからなくもないっと思うのですが「必死に特定の人を勝たせようとする行為」を行う事で運営側にメリットは絶対無いと思います。 現に麻雀4に出入りする人の人数は全盛期の頃と比べると大幅に減っている中で麻雀4に、そこまで肩入れする必要はないと思われます。 それならばプログラムに原因があるのか?ですがパチやスロットをしていた人ならわかる事と思いますが、各機種の大当たり確率が例えば350分の1であった場合に必ず350回転目で 大当りを引けるわけではないですよね? 実際、大当たり確率が350分の1でも5倍、10倍にも確率が暴れるなんてことはざらにあります。 つまり、ず試行回数が少ないと確率は必ず暴れ収束するのに膨大な試行回数を要すという事です。 そして、確率が暴れるのはネット麻雀だけでなく雀荘や手積みでも普通に起こりうることです。 全自動卓や手積みになった途端、試行回数が少なくても確率が収束するなら、それこそイカサマですよね。 それからネット麻雀だと他人のツモ牌などの情報も対局後見ることが可能な点も「おかしい」という話が 出る原因ではないでしょうか。 ここだけでなく、天鳳などいろんな場所も似たりよったりですよ。 ハンゲでは麻雀でも勝ちや負けの数が表示されてますが、麻雀にしても他のギャンブルにしても勝つ時には大きく勝ち負ける時は如何にして小さく負け収支をプラスに持っていければ良しぐらいの気持ちで臨まないと心が折れますよ。 「戦績で自慢したい」なんて気持ちを持たないという事や仲の良い方同士のみで打つということなら、まだ楽しむ余地はあると思います。 リアル歴10万荘、ハンマ歴3万荘の私がお答えいたそう。 これはもう宗教なのじゃ。 おかしいと言えばおかしい おかしくないと言えばおかしくない 信じるか信じないかなのじゃ。 弱者は負けの原因を自分以外の中にさがし、強者は自分の中にみつける! もはや正当・異端の問題ではなく楽しめる・楽しめないの問題だと思うのじゃ。

Ќb”г’J”EЃu–і“G‚МђlЃv‚PЉЄ

とんでもない言いがかりですね。 「低確率だからイカサマ」などという言い分には論理的根拠がまったくありませんし、何よりイチャモンを付けるならイチャモンを付ける側がイカサマである証拠を提示するのが筋でしょう。でなければ言ったもの勝ちになってしまいます。 実際にこんなイチャモンを付ける人がいたら、場合によってはタコ殴りに会うかも知れません。 もっとも、幸運にもこういう困った人に遭遇したことは、私はいまのところありません。リアルのお店においては。 ところが、麻雀ゲームの利用者には、これと同様のイチャモンを付けたがる人がやたらと多かったりします。 実際に利用者から受け取ったクレームをいくつか挙げてみましょう。 私はこれまでにPCやPDA、および携帯電話で動作する麻雀ゲームプログラムを制作してきましたが、これらのプログラムにはイカサマは一切ありません。 (ここで言う「イカサマ」とは、手牌やツモ牌等を意図的に操作する行為のことを指します) しかし、残念ながらこのことを信じてもらえないことがたびたびあります。 主に有料配信している携帯電話用アプリの利用者からもらうクレームがそうなのですが、フリーソフトのPC版の利用者からも「イカサマではないか」という指摘を受けます。 私はそういった意見をもらうとその都度、イカサマはしていないということを論理的に説明してきたのですが、悲しいことに理解してもらえることは少ないです。 (もちろん理解してくれる人も中にはいますが・・・) 正直悔しいです。というか、泣けてきます。 低確率なことが起こること自体はごくごく自然なことですし、身の回りでいくらでも起こっています。 「起こりにくいことが起こるのはおかしい」という考えは、その考え方自体がおかしいのです。 とは言え、この手の主張をする人の気持ちも分からなくはありません。 一つ例を挙げると、実際にユーザーからもらったメールに 「いきなり人和を振り込んだ。こんなのあり得ない」 というものがありました。この主張をそのまま解釈すれば「人和は起こり得ない役である」ということであり、人和という役の存在を否定するものですから、イカサマ云々以前に麻雀を語る上で完全にナンセンスな指摘ということになります。ですが、役の存在を否定する人はいないでしょうし、この人にもそのような意図はないでしょう。つまり、「どこかの誰かが人和をあがる」ことや「どこかの誰かがそれに振り込む」ことは否定しないはずです。ですが、 自分がその当事者になることは理解の範囲外なわけです 。 この心理は私にも理解できます。「よりによって俺かよ!?」という心理です。誰かに災いが降りかかることは分かっていても、まさか自分に降りかかるとは思わない、いや、思いたくないものです。「自分にだけは起こらない」と信じたいものです。そういった心理は私も持っています。ですがもちろん、そのようなものに合理的根拠はなく、単なる願望に過ぎません。

Rで保険数理と機械学習をやっています

この記事は Stan Advent Calendar の21日目の記事として、私の大好きな麻雀データをベイズ統計モデリングしようという内容です。 麻雀をやるためには、仲間内でやる、雀荘に行く、などいろいろな方法がありますが、その1つとしてネット麻雀という選択肢があります。例えば、オンライン麻雀サイトの 天鳳 もその1つです。 本記事では、天鳳で公開されている麻雀データを使ってベイズ統計モデリングをしてみたいと思います。なお、天鳳の麻雀データは こちら からダウンロードすることができます。簡単な分析であれば専用ツールを使えばすぐできたと思います。 込み入った解析をやろうと思ったら、ローデータをダウンロードして、自分で加工する必要があります。どうやらローデータのダウンロードにも工夫がいるようなのですが、日本プロ麻雀協会に所属しておられる近藤千雄プロが ご自身のブログ で年から年までのデータをダウンロードできるリンクを作成しておられます。近藤プロありがとうございます。 上記データを使って分かることはいろいろあると思いますが、今回は 和了巡目 に注目したいと思います。タイトルはかっこつけたかったので和了と書きましたが、見慣れない言葉だと思うのでここからはアガリと表記します。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。