ベット

プロポーカーの副業 - 海外のポーカー大会で賞金獲得!数多くの日本人が活躍中

すすめカジノポーカー大会 21168

国内には仮想チップでポーカーやルーレットで遊べる店舗が多々あります。例えば、秋葉原では アキバギルド や 秋葉原カジノクエスト などが有名であり、トーナメントに入場料のみで出場することもできます。

プロポーカー選手 木原直哉氏 第4回「海外のカジノにおけるポーカーのすすめ」

日本でも人気の高い頭脳戦 テキサスホールデムポーカー 。 近年、国内でもアミューズメントポーカー施設が増えてきたおかげか、世界のポーカールームでも多くの日本人にお会いするようになりました。 なので今後、同じことを言われたら「ここ見て!」と言えるように今回は 自分が世界で勝つ前に読んだおすすめの ポーカー本 を厳選して10冊ご紹介します。 あなたがルールも知らない完全なるポーカー初心者ならこの本をおすすめします。 ルールはもちろん、ベット、レイズ額はどのくらいが適正か、オッズ計算など簡単なゲーム進行に必要な基礎知識 も手に入ります。 私も初めて読んだポーカー本がこちらになります。 ポーカー教室 ポーカー侍 著 , パンローリング Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天Kobo フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編 次に読みたい方はこれ。通称 「リトルグリーンブック」 と呼ばれています。

国内の最新ライブポーカートーナメント情報をお届けします

プロポーカープレイヤーの木原直哉さん。東京大学在学中からプロとして活動を開始し、年には第42回世界ポーカー選手権大会(WSOP)のトーナメントで、日本人初の優勝を果たしている。 ポーカーに限らず、将棋、麻雀、バックギャモンなど、さまざまな頭脳ゲームに熱中してきた木原さん。その中でポーカーを「仕事」にし、世界タイトルを獲得するまでに登り詰めた。その成功の背景には、自身の適性を見極めて戦うフィールドを選び、その上で積み上げた圧倒的な努力がある。 木原さんのように、何かの分野で「一流」と呼ばれるレベルに到達するためには、どんな考え方や取り組みが必要なのか?お話を伺った。 木原直哉さん(以下、木原) :ポーカーでの稼ぎ方は大きく分けて2種類。一つは海外のカジノでの、お金をかけたキャッシュゲーム。勝ったり負けたりですが、長期的に見ればスキルがある方が勝つため、主な収入源となります。もう一つは大会での賞金です。参加費を支払い、上位10~15%くらいに入ると賞金が得られる。優勝すると参加費の総額の2割程度がもらえます。この他に企業からのスポンサー料などもありますが、メインはキャッシュゲームと大会での賞金ですね。 木原 :遠征費や滞在費はたかが知れています。負担が大きいのは参加費ですね。トーナメントは、一つの大会に出るだけで万円ほどの参加費がかかる。トーナメントに出続けても、大きいタイトルが獲れないとすぐに万円くらいマイナスになります。ですから、最も稼ぎやすいのは海外でのキャッシュゲームです。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。