ゲーム

ラスベガスのベストカジノ

ギャンブ県レベルのカジノ 62236

フォロー中 フォローする フォローする。

ルポライター・星徹のブログです。歴史認識と国内政治に関わる問題を中心に。他のテーマについても。

反対派の主張するいくつかの論拠は正しいが、逆にはっきり間違っている、もしくは間違っている可能性の高いものがある。たとえば、暴力団の関与を心配する声が正しいなら、なぜ、カジノに反対するグループの中に組織暴力団が入っているのか、という問題を指摘する人がいるだろう。 これも含め、前記5つの反対派の論拠を順に解説(コメント)していくことにする。 投機行為がすなわちギャンブルだと言えるか否かは不明だが、酷似・類似の行為であることは事実で、その根底にある思想や哲学にも似た点が多い。近代資本主義社会はそのシステムとして、ギャンブル的行為を前提とするものなのである。 かりにギャンブルが悪しき行為だとするならば、この制度下で成功すればするほど極悪人のレッテルを張られることが正統化され、たとえば松下幸之助、本田宗一郎、中内功らの人々は決して尊敬されえない人となろう。 社会学者マックス・ウェーバーが主張したように、資本主義の精神(The Spirit of Capitalism)は、それまでのキリスト教的倫理観(あなたの隣人を愛し、すべてを分ちあいなさい)をくつがえす理論支柱を与えたがゆえに、アメリカに住むプロテスタントたちは安心して投資し、富を蓄積できたのである。 ギャンブルは、人をして(金銭欲)狂わせる可能性が高いから悪いのだ、と考える人は多い。特に一部の宗教家に見られる見解である。しかし筆者は逆の見方をする。 「ギャンブルは人をして狂わせる可能性が高いものであるから、若い頃から慣れ親しみ、その本質を知る必要がある」と考えるのである。 教育の目的は世の中で生きていける技能や知識、人生観などを教えることであるはずで、くさいものにフタをして存在するものを見て見ないふりをしたところで、教育の目的が得られるわけではない。 「世の中の人は皆いい人ばかりで、困った時は助けてくれます(手をつないで一緒にゴールしてくれます)」などと教えたところで日常社会で適応できない未熟な人間を送りだすだけのこと。なぜなら日常社会はそんなところではないからである。 ギャンブルが悪いとする理由のひとつに、「他人が濡れ手で粟のような金儲けをしているのを見ると、コツコツまじめに働くことが馬鹿らしくなる」という論がある。 この「勤労の美徳を乱す」ことは賭博行為に対する裁判の判決にも登場する概念であり、元をただせば明治40年に現在の刑法ができた時、賭博罪(条~条)が設けられた理由(法理)のひとつでもある。 しかしこの論、本当なのだろうか。 まず「他人が濡れ手で粟をつかむ」ことを見て働くのが馬鹿らしく思う人は、常々何に対しても不満を持つ人であって、(ここだけの話、筆者の感想として)単に育て方をまちがえただけのことだ。 何の投資もチャレンジもせずに(リスクを取らずに)成功した人を妬むのは性根がよろしくない。加えて現在の(合法の)ギャンブルはまず勝てないシステムになっていて、宝くじにでも当たらない限り、「濡れ手で粟」レベルには達しない。

パラッツォ リゾート カジノ

ゲーミングは、ギャンブリングとほぼ同じ意味でつかわれますが、 PC やインターネット環境の普及によって勝負・競技、ゲームをプレイすることを含めた幅広いニュアンスを持った用語です。カジノ施設内のギャンブリングという限定的な意味合いで用いられることもありますが、最近は政策レベルの用語として社会や産業が持続的に発展することを目的として、国、行政、事業者等によって統制が図られたギャンブリングを「ゲーミング」と表現することが多くなっています。 RCPG は、昨今の政策レベルの用語に準じた意味でゲーミングという用語を使用します。 フレームワークには、企業の自主的な取り組みから自治体・国の政策・法制までが、独自に、または協働する様々なレベルと形が存在します。「 Responsible Gaming (責任あるゲーミング)」はその「対策の考え方や取り組み」であり「呼び名」にも相当します。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。