ゲーム

「国会議員5人に現金」中国企業側が供述 IR汚職巡り

日本カジノ議連 51360

日本にカジノを-TOP    著作権について    リンクポリシー    免責事項    お問い合わせ。

朝日新聞社会部 公式ツイッター

日本にカジノを-TOP    著作権について    リンクポリシー    免責事項    お問い合わせ。 日本にカジノを -TOP > IR議連会長のスタンスとIR関連法 IR議連会長のスタンスとIR関連法 。 IR推進法 と IR法。

民進党IR推進議員連盟 設立総会「一日も早い審議入り、議論を。今国会成立を目指す」

役員には、会長に長島昭久・衆議院議員(「次の内閣」ネクスト外務大臣、民進党東京都連幹事長)、幹事長には松野頼久・衆議院議員、事務局長は鈴木克昌・衆議院議員が就任。 発足時の会員は40名ほど。 長島会長の発言のポイントは、 ・カジノを含む統合型リゾート(IR)は成長戦略の目玉 ・懸念であるギャンブル依存症については、IR導入と同時並行で、きめ細かい対策を実現すべき。日本にはすでにギャンブル依存症問題は存在しており、現状、それを放置している状況。シンガポールは、IR導入を機にギャンブル依存症対策を整備し、その問題を改善した実績 ・すでに、東京都などは海外の事例を詳細に調査し、経済効果、ギャンブル依存症を含む負の側面への対策を把握 ・一日も早く、国会で審議入りし、しっかり議論すべき。 松野幹事長の発言のポイントは、 ・民進党としては、議連がなく、党内でIRの議論をしてこなかった(民主党、日本維新の会にはIR議連があった) ・民進党内におけるIR推進議員の存在をわかってもらいたいさまざまな論点を議論。 ・今後、メンバーで議論し、党の意思決定のプロセスに働きかける ・早期の法案成立を目指す。今国会で成立させたい。 IR推進法案は各党トップが関与する大詰めの局面にあり、衆議院内閣委員会における審議入りを待つ状況。 自民党、日本維新の会はIR推進法案の早期審議入りの方針、公明党は審議入り容認の姿勢。一方、民進党は審議入りに応じず。 現在、自民党、IR議連は、丁寧に民進党など各党の理解を得るよう努力を進めている。 民進党では、蓮舫代表、野田佳彦・幹事長など執行部は、IR推進法案を否定せず、今臨時国会における審議入りの是非に絞って慎重な発言を繰り返す。 こうしたなか、民進党内におけるIR議連設立とその執行部への働きかけは大きな意味を持とう。 国際観光産業振興議員連盟(IR議連)は、10月12日に総会を開催。IR議連の国会議員関係者、IR誘致に取り組む地方自治体、地方経済団体、そして、産業界から約名が集結し、会場を埋め尽くした。 細田博之・IR議連会長(自民党・総務会長)は、今臨時国会でIR推進法案を成立させるべく、全力で与党、野党を説得することを誓った。 そのうえで、政府がIR推進法成立後に策定するIR実施法において、各省が連携し、経済効果を最大化し、同時にギャンブル依存症を含む懸念材料に適切な対策を整備すると強調。

安倍政権中枢のカジノ議連メンバー

お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくは サイトポリシーのページ をご覧ください。 有料会員記事 IR汚職事件。 この記事は 有料会員記事 です。有料会員になると続きをお読みいただけます。 この記事は 有料会員記事 です。

カジノ議連 政権中枢ズラリ

No LIVE  . 4 LIVE 4 4 24 UK. Amusement Casino Bar NANA - 1.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。