ゲーム

ついに潜入!13階建ての豪華クルーズ船とは【クリスタル・クルーズ】

システム投資方法客船上でカジノ 33593

アロハ!リツコです。 (ちなみに上の写真でALOHA〜!と叫ぶ小さな人影はメグミ副編集長です)。

Ⅳ 米国におけるゲーミング・カジノの制度と実態

一方、賛成のための市民運動も存在し、近年着目を浴びている組織としてPoker Players Alliance「ポーカー・プレーヤーの為の同盟」という非営利団体がある。公称会員は何と万人以上となり、インターネット・ポーカーは技量のゲームであり、賭博ではないとして、その合法化を求める運動組織になる。ネットを通じた市民運動を通じて、大きな会員制組織となり、連邦議会議員をもオルグし、味方につけるというロビー活動をするまでに発展した事例である。こうなると、政治的には侮れない主体になってしまう。 上記と同様に、一部の東部諸州では、スロット・マシーン(VLT)専用カジノという施設が過去4~5年の間に設置された。一種のスロット・パーラーとでもいえる施設で、レイシーノと同様に、VLTのみを設置し、簡素化された規制当局によるオンライン監視などの制度的考えは全くレイシーノと同一である。ここでも、収益拡大、顧客ニーズへの対応を目的として、かかる施設にもテーブル・ゲームを設置する法案や住民同意取得が一部の東部諸州で実現した ペンシルベニア州 。これも実態面ではフル・カジノに限りなく近くなる施設になっており、電子機械ゲームから始め、テーブル・ゲームを設置することで、機能的には通常の陸上設置型カジノと変わらない施設となりつつある。 その設置目的は、コンビニエンス・ストアのように、気軽に、かつ手軽に賭博行為を楽しめることにあり、かかる賭博の在り方を「コンビニエンス・ギャンブリング」 comvinience gambling とも呼称している。ネバダ州以外でかかるスロット・マシーン・カジノが存在するのは、主に最近の東部諸州であり、バンキング・ゲームは認めないが、スロット・マシーン・カジノは認めるという動きになる。これは東部諸州におけるレイシーノ(競馬場に併設されたビデオスロット・カジノ)の許諾とも関係しており、競馬場に設置するならば、競馬場外にも類似的な施設を設置してはどうかという動きが存在したことになる。 ビデオ・ロッテリー・ターミナル(VLT の場合、既存のロッテリー委員会などの規制組織がかかるゲーム機械のみの規制者を兼ねる場合が多い。技術標準や一定の規律や規則が必要となるが、バンキング・ゲーム程緻密な制度が必要となるわけではない。制度や監視の仕組み、あるいは、規制者もある程度、簡素化しながら施行できる可能性が高い。 レイシーノ Racino 等といっても普通の日本人には何のことやら理解することができない。レース(RaceあるいはRacetrack)とカジノ(Casino)を掛け合わせた造語で、何のことはない、競馬場に併設してスロット VLT ・カジノを設置した施設になる。競馬に対する人気の低迷、収益の落ち込みは、米国でも日本と同様で、この人気を何とか挽回する目的で、競馬場に機械ゲーミング賭博施設を併設することにより、相乗効果を実現し、競馬もスロット・カジノも双方が利益をもたらすことを考えるという仕組みが創出されたわけである。さてこの競馬場に併設されるスロット・カジノだが、スロットというよりもビデオ・ロッテリー・ターミナル(VLT)であることがほとんどとなる。生半可でないのは、設置台数は数千台から四千台くらいまで上る施設もあり、これに何とホテルを併設し、総合レジャー施設として売り出している案件すらある。もっともこの人気はVLTのみにあり、レイシーノは収益を確実に上げている成長株でもあるのだが、馬券の売り上げには相乗効果を発揮していないという調査結果もある模様だ(同じ顧客が競馬とVLTを楽しむというシナジーではなく、VLTは競馬とは異なる全く新しい顧客層をもたらし、全体としての売上が伸びたということであろう)。かつ、競馬場の主催者がスロット・カジノを運営しているわけではない。VLT施設が併設され、スロット・カジノの収益の一部が競馬関係者にも分配されることが前提となるため、競馬関係者にとっても当然経済的メリットはあることになる。 レイシーノに設置されるのは前述のごとくVLTになるが、制度の在り方としては、カジノを主体とするゲーミング賭博とは若干趣を異にする。所管する規制当局はロッテリーと同じ州政府のロッテリー管理委員会であることが多く、(実体面では限りなくスロット・マシーンに近いのだが)、制度の在り方としてはロッテリーくじと全く同じ考え方、手法、規制の在り方をとっている。あるいは場合によっては競馬を所管する競技委員会 Racing Commission が何らかの形で関与することもある。全てサーバー集中管理型の一種のパリミュチュエル賭博を瞬時に行っているという考えなのであろうが、この意味では、確かに不正が入る余地もなく、規制も監視もすぐれて簡素化されたものになっており、バンキング・ゲームの規制や監視の仕組みはここにはない。施行者の考え方や施設の設置の在り方も独特でこれは州によって異なる。一部の州では、民間施行者に免許(ライセンス)を与え、民間が機材や施設を整備、費用分担し、運営、収益を政府や競馬関係者と分担する 南部の諸州はこの考え方になる 。一方他の州では、州政府が施設や機材の整備・費用分担と施設・機材を所有し、民にこの運営を委ね、その他のステークホルダーと共に収益を分担しあうという考えもある(所謂公設民営手法になる。東部のデラウエア州、ニューヨーク州、ロードアイランド州、西バージニア州等はかかる考えをとる)。但し、運営やリスク分担の在り方は、これら諸州でも様々なバリエーションが存在し、必ずしも常に一定であるということは無い。

IR*ゲーミング学会

この メンバーズカードを利用してポイントを貯めることで、コンプの種類・ランクも上がってきます。 コンプポイントは、ゲームの勝ち負けに関係なく貯まるので、上手に活用してお得にカジノ旅行を楽しみましょう。 上記のように、 メンバーズカードを持っていなければ、ドリンクコンプや、ジャックポットを当てた時などに併設ホテル内でのお食事割引券、無料宿泊券を貰える程度 です。 フードコンプは、ホテル内のカフェやバイキング、レストランが無料 で利用できます。 それから、 スロットマシーンで一定額遊ぶと、現金を払い戻す『キャッシュバック』があります。 また、ベネチアンカジノでは 有名人のコンサート、ショー、スポーツなどのチケットの割引のコンプがもらえます。 航空券が無料になるどころか手配もしてくれ、なかには プライベートジェットやヘリコプターで送迎 してくれることもあります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。