ゲーム

杉田智和 杉田智和の概要

デビットカードを追加するテスタメントスロット 31159

野島 昭生 (のじま あきお、 年 4月6日 [6] - )は、 日本 の 声優 、 俳優 、 ナレーター [4] 。 東京都 西東京市 出身 [2] 。 シグマ・セブン 所属 [5] 。

October 10 2004

Your input will affect cover photo selection, along with input from other users。 Text is available under the CC BY-SA 4。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Niconico Video。 Keyword Tags My List。 dアニメストア ニコニコ支店 のシリーズ。 URL クリップボードにコピー。 Blog Style クリップボードにコピー。 See More Close。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

すべて Entertainment News Blog Kabu Health It Finance Information Education-Science Statistics。 おとなりアンテナ おすすめページ。

October 10 2004

作品的には初見じゃないけど、初見の時より断然面白れぇじゃん!ヒューマニズムの極致…みたいな騒がれ方に感じた気持のズレもはるか過去となった今観ると、勿論そうした要素もあるんだけど、紛れもなくリンチ印が刻印され、かつ英国怪奇映画のムードが絶妙にマッチした作品だよ。冒頭の象に襲われ象男誕生!のイメージショットも強烈だが、路地裏を彷徨う犬とか、いかにも 『イレイザーヘッド』 の発展形を思わせるイメージの数々に、スコープサイズの画面に19世紀末の英国の匂いを定着させている、フレディ・フランシスの撮影が素晴らし過ぎる。そう言えば解剖場面のムードは、後にフランシスが監督した 『贖われた7ポンドの死体』 でも繰り返されていたよな。勿論中身的にも、決してヒューマニズム一辺倒ではなく、人間の善意と悪意の反復を結構ヘヴィに描いていて見応えがあり。つうことで、当時感動された方はもとより、ぢぶんのように斜に構えてパスした人や、観る機会がなかった若い世代の方々は、是非是非スクリーンでこの作品に接することをお薦めする。なお公開は、銀座テアトルシネマ、池袋テトルダイヤにて11月20日よりロードショー公開。以後全国順次公開とのこと。 午後3時半からTCC試写室で 『キスとキズ』 (フューズ配給) を観る。ガオイエローこと堀江慶が監督し、ウルトラマン・アグルの高野八誠、仮面ライダー龍騎の須賀貴匡ら(ガオレッドの金子昇もゲスト出演)おこちゃまよりもお母様方が夢中のイケメン特撮ヒーローたちが出ている恋愛青春犯罪メロドラマ…なのか?全然感情移入できなかったにゃぁ。んなわけで、出演者に夢中のお母様方は、彼らの姿を眺めにいけばよいだろう。そうでない人は…以下自粛。公開は10月30日からテアトル池袋にてロードショーとのこと。 その後食事をとってから錦糸町に移動し、午後6時50分よりシネマ8楽天地で 『バイオハザードII アポカリプス』 (ソニー・ピクチャーズ配給) を観る。勿論、もっと近場でやってる映画館はいくらでもあったのだが、ただ券をもらえれば例え地の果てまででも行っちゃうのが、びんぼ人の悲しい性なのである(苦笑)。映画の方は、案外楽しめたよ。封鎖されたシティに溢れる異形のものって絵面は、やっぱいいやね。勿論、前作のような閉所限定系ってのは上手い人が撮れば映えるんだけど、正直前作はその域には達していなかったと思う。でも今回は 『ニューヨーク』 を思わせる、閉所といってもそこそこスペクタクルな見せ場を用意できる設定になってるんで、演出力自体は前作とどっこい(もしくはそれ以下?)でも、その勢いで観れちゃったね。あんな未来的な都市の墓場で、腐る前の死体(しかも棺桶に入ってなかったのかよ~~)があるんだよ!…な疑問も続々と土中から這い出てくる絵面の美味しさで無問題。二番目のヒロイン、ジル・バレンタインも、いきなりゾンビの殺傷方法を知っていたりと謎なキャラクターだが 笑 、一応生身の設定を生かした見せ場に結構萌えましたわ。イマイチ生かされて無い時間限定サスペンスとか、疑問個所も多々あるけれど、スクリーンでの一時のお楽しみとして消費するには充分なレベルっしょ。 最初に予告を観た時から、ヒロインの愛くるしい姿とバックに流れる女性ヴォーカル版(韓国のYoumeという名のシンガーだそうだ)『天国の扉』のマッチングに魅了され、すごく楽しみだった 『僕の彼女を紹介します』 (ワーナーブラザース配給) 。そのコミカルであると同時に情感的な場面の数々と、監督:クァク・ジェヨン&ヒロイン チョン・ジヒョンという 『猟奇的な彼女』 のラインから、期待を高めているであろうご同輩の皆さん。その期待は、決して裏切られいないと断言してしまおう。因みに、完成披露試写が終わって帰宅してからというもの、僕は『日経エンタティンメント 11月号』付録のDVDに収録されている本作の予告編を何度も、何度も、飽くことなく見返しては、一人口元をほころばせてます(ぶきみな奴>ぢぶん)。つうことでいきなり掟破り・順番無視で(いつものことだけどさ)、昨晩…つうかさっき観て来たばかりの作品からだす。 この中で、 muust see!

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。