ゲーム

JP5903204B2 - マルチ−ディスプレイコンピュータ端末システム - GOOGLE PATENTS

検証カジノゲームブース 44491

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

カジノてブラックジャックを満喫しました

IR推進法案や各地の誘致の動きから、エンターテイメントとしての魅力まで。 Integrated Resort(統合型リゾート)とは何か?を様々な角度から、専門記者がレポートしていきます。 民進党IR推進議員連盟(会長・長島昭久衆議院議員)は15日、国会内で勉強会を開催。来日中の元ミネソタ大学精神医学科准教授でミネソタ州青少年薬物乱用研究センター所長のケン・ウィンタース氏、考古学者で元ギャンブル依存症者、現在はネバダ州ギャンブル依存症諮問委員会副委員長のテッド・ハートウェル氏、ギャンブル依存症問題を考える会の田中紀子代表理事の三名からヒアリングを行いました。  長島会長は冒頭のあいさつの中で、シンガポールではIR解禁前に4。

日経クロステック Special

技術的課題 さまざまな実施形態において、施設は、ゲスト又は従業員のための目で見る情報を提示することができる。すべてのゲストが利用できる方法でこの種の情報を提示することは、重要である。例えば、一部のゲストは、視力障害をもっているかもしれない。ゲストは、印刷物及び/又は少ないコントラストを有する印刷物を見ることができないかもしれない。 オーディオ いくつかの実施形態では、施設の後援者は、情報を聞くのに音声援助を必要とするくらい視力障害をもっているかもしれない。さまざまな実施形態によれば、カードディーラは、スピーカ又は他の音声放送コンポーネントを含むことができる。スピーカは、メッセージを放送することができる。メッセージは、視力障害をもった人々によって聞こえることができる。これにより、視力障害をもった人々が、さもなければ得るのが困難かもしれない情報を知覚することができる。いくつかの実施形態では、カードを配付するための装置は、装置に残っているカードについての統計の追跡を続けることができる。例えば、統計は、カウントを表すことができる。カード配付装置は、スピーカを使用して統計を放送することができる。このようにして、遊技者又はカジノ従業員は、カウントで評価されることができる。 カードの読み取り 急速に動く対象物の画像を捕える撮像装置は、鮮やかな又は鮮明な画像を捕えることに失敗することがある。したがって、さまざまな実施形態において、対象物は、より鮮明な画像が得られることができるために、遅くなることができ、静止されることができ、又は止められることができる。さまざまな実施形態によれば、カードシャッフル用の装置は、内部に撮像装置を有している。装置は、カードを順次、撮像装置を越えて押し動かすことができ、それから、デックの最上部の上にカードを押し動かす。撮像装置がカードを正確に読み取るために充分な画像をうまく捕えるまで、装置は、カードをデックの最上部へ押し動かすことを待つことができる。例えば、装置は、読取機の上に1枚のカードを動かすことから始めることができる。読取機は、それからカードの1つ以上の画像を捕えることができる。カードからの画像データは、それから装置のプロセッサに送信されることができる。プロセッサは、カードのランク及びスーツを導き出すために、画像データを解釈することができる。プロセッサが画像を解釈することができない(例えば、プロセッサがランクを決定することができないか、又はプロセッサがスーツを決定することができない)場合、それから、プロセッサは、より多くの画像データを集めるように撮像装置に指示することができる。撮像装置は、それから、例えば他の画像を捕えることができ、新規な画像からのデータをプロセッサに送信することができる。プロセッサは、画像その他を解釈することをもう一度試みることができる。一旦プロセッサが画像をうまく解釈できると、プロセッサは、装置に、現在撮像装置上にあるカードを、配付されるのを待つデックの最上部の方へ動かすように指示することができ、これにより、撮像装置上に次のカード用の空間を作る。このように、さまざまな実施形態において、配付の速度は、画像がどれくらい急速に読み込まれなければならないかについて制約を課さない。むしろ、いくつかの実施例によれば、装置は、画像が適切に捕えられて解釈されるように、カード画像を必要程度にゆっくりと何度も読み込むことができる。

まずは皆さまにカジノについて正しい情報を知っていただく。それが日本カジノ解禁の第一歩です。

グラフィックを用いたイベントの再構築 さまざまな実施形態において、イベントは興味を持っている遊技者の見えない所で起きることがある。イベントは興味を持つ一団が位置する場所とは別の場所で起こった可能性がある。イベントは興味を持つ一団がイベントの起きた場所に到着する前に起こった可能性がある。イベントは、興味を持つ一団が余所見をしていて又は注意を払っていないために見逃された可能性がある。さまざまな実施形態によれば、一つのイベントの一つ以上の詳細が記録される。詳細はカメラ、マイクロホン、スキャナーのような記録装置、もしくは他の記録装置を用いて記録できる。例えばゲームにおいて、カードシャフラーは配られるカード画像を読み込むためのスキャナーを含んでよい。詳細はネットワーク結合された環境で記録され、ネットワークに接続されている1台以上の他の計算装置に利用可能にしてよい。詳細はその後一台以上の計算装置によってアクセスされてよい。 テーブルについている遊技者に対する情報の提示 さまざまな実施形態において、遊技者は他の遊技者と肩を接して座り、一般には現金、ゲーム用チップ、食べ物、飲み物、或はその他のアイテムを置くためのスペースを殆ど持たない。さらに、他の遊技者に関する情報、ゲーム戦略に関する情報、あるいはゲームに関係しない情報のような所望の情報を見るスペースを殆ど持たない。さまざまな実施形態によれば、複数の画面を有する端末は遊技者が多数の情報供給と多くのの異なるタイプの情報を見ることを可能にする。端末のデスク領域は遊技者に個人的所有物又はゲームアイテムを置くスペースを与える。遊技者はまた、さまざまな実施形態において、端末で複数のゲームに参加できる。このように、端末は従来のゲームテーブルに見られる空間的制約の緩和に役立つ。 複数のゲームの同時プレイ さまざまな実施形態において、複数の画面(例えば6画面)を持つ端末は遊技者に複数のゲームに同時に参加することを可能にする。従来、スロットマシンのような遊技装置の遊技者は、ゲームのアクションを見るディスプレイ画面上のスペースが限られていた。さまざまな実施形態による端末は多くのディスプレイ画面を提供する。ディスプレイ画面は遊技者の正面に半円弧上に広がってよい。こうして、遊技者は複数のゲームを同時に見る十分なスペースを持つ。 ライブゲームで別の遊技者と同じデックからゲームはできないが、ディーラーのカードに対してゲームすることができる さまざまな実施形態において、装置は、テーブルで実施されるライブゲームからの情報を、テーブルにいない別の遊技者によるゲームの実施を可能にするための付加情報と組み合わせる。情報取得装置はテーブルの付近にある。例えば、カメラはテーブルでのゲームを撮影する。ゲームプレイの詳細は情報取得装置によって取得される。詳細は中央サーバに通信される。詳細はその後、どのカードが配布されたか又はディーラーの手にあるかのような、重要なゲーム情報を決定するために、解釈される。付加的な情報がその後生成される。この付加的情報は、新しいカード、ダイスのころがし、マーク、その他ゲームの結果または成績を含んでよい。付加的情報は、端末にいる遊技者に対して新しいゲームまたはゲーム経験を創造するために、ライブゲームからの情報と一緒に使用されてよい。端末の計算機プロセッサは遊技者にカードを生成する。プロッセサは乱数発生器を使用して、例えば、遊技者に配布するカードを選択する。遊技者の勝敗は生成された付加情報とライブゲームからの重要情報に基づいて決定される。例えば、遊技者は彼の端末のプロセッサによって生成されたブラックジャックの手を受けてよい。遊技者の手はその後ライブ・ブラックジャック・ゲームからのディーラーの手と比較されてよい。この比較はブラックジャックの標準的なルールを用いて端末のプロセッサによって実行される。 開示されている例及び用語は限定的でない 発明の名称 本出願の第1頁の始めに記載されているように も要約(本出願の最後に記載されているように)も、開示されている発明の範囲をどのような形であれ限定していると解釈されることはない。37 C。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。