記号

「ジャパン・カジノ」に賛成?反対?

ビギナーズラック大阪カジノ 40051

そこでやむなく、在日外国人に意見をきいたものがないか、インターネットで探してみたところ、サンプル数は20と少ないものの、マイナビニュースに「カジノを作ることに賛成?反対? 在日外国人の意見とは」という記事があった(17年12月18日掲載)。日本に住んでおり、日本人のことをある程度以上知っている人々の意見は、たとえ数は少ないにせよ、カジノの問題をじっくり考える上で参考になるだろう。

最新の大阪へのカジノ誘致ニュースについて

旧ポルトガル領マカオは今や世界最大のカジノ都市。主に、大金を賭ける中国人VIPの投資を支えに、米ラスベガス・ストリップ(Las Vegas Strip)の6倍以上の収益を生み出している。12年の収益は、中国の経済成長が鈍化した影響で前の年から伸びが鈍化したものの、過去最高の億ドル(約3兆億円)を記録した。フィリピンとベトナムも巨大リゾート施設建設でアジア地域の市場シェア獲得をもくろんでいる。 米カジノホテルチェーン、シーザーズ・エンターテインメントの国際部長、スティーブン・タイト氏は、大都市から北海道の山間の温泉地まで、日本中どこにでもカジノホテルを運営することができると話す。そのシーザーズの幹部がすでに釧路市を訪問。カジノ建設の可能性を探った。 (中略) オーストリアを拠点とするカジノ・オーストリアは、小樽などでのカジノ運営に興味を示している。小樽市には年間700万人の観光客が訪れるが、ほとんどが日帰りだ。小樽市の中松義治市長は、カジノが誘致されれば観光客は宿泊も兼ねるようになり、彼らが小樽市に落とすカネも、大幅に増えるだろうと期待する。小樽市の人口の約三割が65歳以上と、北海道の中でも高齢化比率は高い。カジノが観光を盛り上げてくれれば街の活性化につながると、同市長はみている。 (中略) 今や九州を代表する観光地となったハウステンボスは、すでにエンターテーメント施設やホテル、レストランなどがそろっている。土地の買収からIRの建設をするより、低いコストで複合施設を完成させることができることを強みとして、市や商工会議所が一枚岩となり誘致をアピールしている。統合型リゾート建設に向けて活動する西九州統合型リゾート研究会には、長崎県の中村法道知事も特別顧問として参画している。 筆者が分かりやすく必要部分のみ引用 アメリカ 1。 安倍政権が成長戦略の素案で「検討する」とうたったのに続き、自民、維新、生活の3党による法案が衆議院で審議され、次の国会へ引き継がれた。 結論を先に言いたい。カジノ解禁には反対だ。利点より弊害のほうが大きいと考える。 まず、不正な資金の洗浄(マネーロンダリング)に使われる懸念である。暴力団など国内外の反社会的勢力に利用されることを防げるのか。

カジノにおけるビギナーズラックの実例

前回のソウルでは最悪な印象だったカジノですが今回のカジノはとっても良かった。 スマホで優待のクーポン見せて会員カードを作ると30000ウォンのカジノで使えるクーポンくれました。あとディーラーも人当たり。 去年の8月に訪問した時に台風でツアー見学がほとんどできずにいました。帰りの当日の朝に晴天になり、西面のホテルに泊まっていましたので、カジノで時間をつぶしました。時間は午前11時頃に入りました。 大半のゲストが、富裕層の中国人ばかりでした。 入場料を払い、パスポートをみせて入ります。飲物はフリードリンクでセルフです。入場料でドリンク代で元が取れます。笑い。 W5千円程度づつを主人とふたりで、投資をしてルーレットを楽しみました。この程度で引き上げることが、良いと思います。 運よく50万W5万円近くの儲けがでましたが、中国人のはまっている様子を見ていると、庶民感覚でないかなと。 話のついでと、台風でどうすることも出来なかったので、カジノで最後に遊び、多少楽しめたかなと言うことでした。 ホテルの近くで両替出来るところと調べて行きましたが断れました。 ちょっと行って、やってみようかなという気も失せたので再度訪れることはしません。 当初の利用目的がカジノでなくても柔軟な対応していただけなかったのが残念です。 嫁が、免税品・デーパート買い物時に、ゲーム(ルーレットオンリー)し、休憩所が、2ヶ所あり(無料ドリンク)待ち合わに大変便利です。 最近では、テーブル以外でマシンのルーレット(人が廻すタイプ)もあり、小額でリベット出来る為、便利です。 もちろんゲーム中は、アルコール無料で、食事も出来ます(1時間以上のゲームが必要)ただ勝敗により、高くつくケースもあります。 ほどほどにするのが、良いと思います。 ただ日本では味わえない感覚で、お勧めです。

そもそも、なぜ大阪はカジノ: IR)誘致に賛成なのか?

カジノを大阪に誘致することを考えたときに、 年に開催予定の万博前にカジノを開業することで相乗効果を狙っていました。 しかし、万博とIR誘致を同時進行し、 万博前にカジノを開業するのは現実的に難しい ため、現在では万博前開業を断念しています。 大阪がカジノ誘致に積極的なのは、万博との相乗効果だけでなく、 「夢洲」という広大な「空き地」を有効利用 し、経済効果を高めたいという思惑があるからです。 大阪は年のオリンピック開催地として誘致しており、選手村や競技場などの場所を夢洲にする計画でした。 しかし、 東京オリンピックが決定、大阪五輪の誘致に失敗したことにより、夢洲の土地が余ってしまった のです。 そこで、 年の万博開催 に向けて、 IR誘致 を行うことで海外の観光客を増やす効果が見込まれており、関西の経済を盛り上げる起爆剤として期待されています。 大阪カジノ誘致に関して、自治体は積極的な方針を示しているものの、反対派も少なからずいるのが現状です。 実際に、カジノが開業すると ギャンブル依存症者の増加が懸念 されています。また、ギャンブルで大金を失った人が ホームレス のような状態になったり、海外からさまざまな人が訪れることで 治安の悪化も心配 されています。 他にも、 マネーロンダリング として犯罪に使われたり、犯罪者が集まるなどの懸念も無視できないでしょう。 さらに、夢洲は現状だと自動車しかいけない土地であり、 アクセス面の整備 が必要ですが、「そもそもカジノは必要なのか?」と懸念されています。 カジノ誘致に向けて、大阪ではやはり「万博」とセットにした取り組みが目立っています。 インフラ面を改善する必要 があることや、スケジュール的な問題など課題は山積みですが、積極的にカジノ開業に向けて進んでいるといえるでしょう。 今後のスケジュールに関しては、万博開催も含めて新型コロナウイルスの影響によって大きく左右されると見込まれています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。