記号

【マカオ】スタジオシティの特徴やカジノを徹底紹介!

カードスプレッドスタジオシティカジノ 6344

マカオは年にラスベガスを凌ぐ世界最大のカジノ市場となり、その後も拡大が続いたことから、いまや主要上場企業の売上の70%超を占める最重要市場です。カジノ企業の業績は基本的にマカオの動向で決まると言っても過言ではありません。 そのマカオ市場ですが、中国の習近平国家主席による「綱紀粛正」の煽りを受けて14年から15年にかけて大幅に落ち込み、カジノ各社の業績を直撃しました。しかし、政策によるマイナスの影響が薄らぐ中、16年半ば以降は回復基調が定着しています(図表3)。 このような回復を支えているのが、マカオへの来訪者の増加と考えられ、その約3分の2を占める中国本土からの来訪者の増加が牽引しています(図表4)。18年1~3月の中国本土からの来訪者合計は、前年同期比13%増です。 一方、マカオへの来訪者の約2割を占める香港からは漸減傾向が続いています。来訪者増加の起爆剤と期待された、香港、珠海(マカオに隣接する本土の都市)、マカオを結ぶ「港珠澳大橋」(ホンコン・ジュハイ・マカオ・ブリッジ)」の開通が遅れています。 この橋の完成によって香港・マカオ間はこれまで高速フェリーで1時間程度かかっていたところが、陸路を約30分で結ばれることになります。香港を訪れた観光客がマカオに足を延ばす利便性が増し、輸送力は桁違いとなるため、マカオのレジャー施設に恩恵が期待されます。 しかし、17年中にも開通と言われていましたが、18年1月には開通は18年半ばにずれ込むとされ、さらに最新の情報では海上部分の結合は終えたものの、トンネル部分の工事が難航しており、開通は20年以降となる可能性もとの報道もあります。 このため、当面は橋の開通によるマカオ市場の急拡大を期待できなくなっていますが、今後の一段の成長につながる材料を温存していることになり、株式投資にとっては悪い形ではないかもしれません。

日本のカジノで活躍が期待される世界のカジノ大手

Studio City スタジオシティ は、マカオの コタイ地区 に居を構えるIR施設です。 オープンしたのは 年 とマカオのIR施設という括りの中では最も新しいです。 運営元はシティーオブドリームスなどのIR施設を手掛ける メルコリゾーツ&エンターテインメント 。最近は日本のカジノ市場参入に意欲を見せているIR企業の1つとして新聞などでも見るようになってきました。 スタジオシティの中には スタジオシティホテル という名前そのままのホテルが併設されています。 客室数はなんと 室 。仮に日本にあったとしたらトップ5に入る規模です。 室あるベネチアンマカオなんかには及びませんが、それでもマカオの中ではトップクラスの大きさです。 施設内には映画バットマンをテーマにした4Dシミュレーション 「ダークフライト」 や、ワーナーブラザーズの作品のキャラクターがもてなすエンターテインメント施設 「ワーナー・ブラザース・ファン・ゾーン」 など、ハリウッドな施設が満載です。 フェリー乗り場を降りるとすぐバスターミナルが並んでいるゾーンが見えます。上記のような茶色のスタジオシティ行きのバスを探して乗り込みましょう。 バス停には各カジノホテル行きのバスが大量にあるので、間違えないようにしましょう。

バナー・ベラジョンカジノ

住所/Estrada do Istmo, Cotai, Macau URL/ www。 出版業界に30年のキャリアを持ち、長年に渡る海外生活で世界各国のカジノを楽しんだ経験から、その楽しさを伝えるべく活動するカジノ伝道師なオヤジ。カジノは IR 総合リゾート。ラグジュアリーでエンターテインメントな空間を楽しむこと全てがカジノ遊びであると考える。 常に独自の視点で独自の音楽を生み出していくDJとして世界中で活躍する田中知之(FPM さん。音楽のみならずファッション、時計、クルマ、グルメとオールジャンルでの博覧強記を駆使した田中流「男の定番」をご紹介する連載です。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。