記号

『カオスだもんね!』カジノディーラー虎の穴で凄腕ディーラーを目指せ!

ゲームライブディーラー船上カジノ 40519

最低限の準備は、どのゲームをするか決められる程度のゲームの知識でしょう。 カジノには、スロットマシンのようなゲーム機相手のものと、ディーラー相手のブラックジャックやバカラ、お客同士が対戦するテキサスホールデム(ポーカーの一種)等、様々なタイプのゲームがあります。主要なゲームについて多少でも知っておくと、船上で迷って貴重な時間を無駄にすることを避けられます。 バカラ、ブラックジャック、ルーレットは、どのカジノにもあるポピュラーなテーブルゲームです。最低限、このいずれかのルールをネット等で下調べしておくことをオススメします。 ちなみに、初心者の方は、敷居の低さでスロットマシンを選んでしまう人が多い気がします。ディーラー相手は気が引けるという人が多いでしょう。しかし、カジノの醍醐味は、ディーラーとのやり取りだと思います。個人的には、ブラックジャックやルーレットをオススメします。逆に、お客同士の心理戦でルールが複雑なテキサスホールデムは、初心者は避けた方が良いでしょう。 船によっては、カジノで初心者向けの無料レッスンが開かれることがあるので、乗船したら船内新聞をチェックすることもお忘れなく。他のお客がプレイしていると、なかなかゲームを止めて質問するのは難しいかもしれませんが、ディーラーは初心者に親切ですから、質問すれば色々と教えてくれます。不安ならスマホ等の無料ゲームアプリで遊んでおくと、基本的なルールは理解できるでしょう。

カジノディーラーってどんな仕事?

カジノやバー、パーティーなど華やかなナイトライフやエンターテイメントは、外国客船プリンセス・クルーズならではのハイライト。 日常とは違った豪華客船でのスペシャルな時間をお楽しみください。 一流のディーラーがエスコートするテーブルゲーム、多彩な種類のスロットマシンを揃え、 バーも併設したプリンセス・クルーズ自慢の本格的なカジノ。 外国船クルーズでしかできない本格的なカジノ体験で、そのきらびやかな雰囲気をお楽しみください。 テーブルゲームは5USドルから、スロットマシンは1USセントからと手軽に楽しむことができます。 カジノのご利用にはUSドル(一部客船ではAUドル)をご用意ください。 現金がない場合には船内会計に加算し精算することも可能です。 また、カジノが初めてという方、新しいゲームにチャレンジしたい方、 ゲームについてもっと深く知りたい方などは、テーブルゲームのレッスンを受けることもできます。 専門のスタッフが、親切、丁寧にルールやマナーをご案内いたします。 レッスンのスケジュールは、船内新聞「プリンセス・パター」でご確認いただくか、カジノスタッフにお尋ねください。

Site Navigation

今回のカオスは、カジノディーラーの養成機関に行ってきました。その名も 『日本カジノスクール』 。 待っている間にもぽつぽつと様々な年齢の体験入学者さん達が集まりだし、今回は我々カオスチームの3名を含む、10 名ほどが参加するようです。  19時をまわり、いよいよスタート。まずは講師の内田先生から、映像を見ながらカジノ文化とカジノスクールについての説明。 大岩根先生いわく、「現在の日本の状況から考慮して、おそらくあと3年後に日本でカジノは正式に認可されると推測している」とのこと。  ただ、そうなった場合、ディーラー数が圧倒的に不足する事態がおきるそうです。ちなみに、カジノは基本的に24時間営業で、ひとつのテーブルにつき4人の交代制。普通のカジノであれば、最低でも人のディーラーが必要なのに、日本にいるディーラー資格者は約人ほど。 と、このスクールの概要をだいたい理解したところで、いよいよディーラーの実技体験講習へ。  実習室に移動するとそこには各種トランプ用のテーブルやルーレット台が。なお今回体験するのはブラックジャックのディーラーということで、ブラックジャック用のテーブルに着席。 そして最後にミズグチさん。ミズグチさんはさすがに今まで二人の注意ポイントを見てきたせいか、大きなミスなく終わりそうだったんですが、最後の最後で気を抜いたのか、うっかりチップより先にカードを回収。  これはあとで客がごねる可能性があるので、絶対にチップ>カードの順に回収しなくてはいけないのだそうです。

アルゼンチンのカジノ情報

日本には今現在カジノがなく、「ディーラー」といってもどんな仕事なのかあまりピンとこない人も多いと思います。 「ディーラー」はカジノのテーブルゲーム(ルーレット、ブラックジャック、ポーカーなど)でプレイヤーの賭けを受け付け、ゲームを進行して賞金を払う人です。映画とかでよくみるカジノのシーンで、テーブルの後ろでルーレットを回したり、トランプを配ったりしている人ですね。 「ディーラー」はいろんな国または、クルーズ船のカジノで働くため、コミュニケーションをとるのに英語は必須です。 先ほども触れたとおり、「ディーラー」は夜の仕事です。そして、基本的にカジノは年中無休なので、土日祝日も働かなくてはいけません。朝に弱い私には、1時に始まるこの仕事はあっていましたが、夜に弱い人には向かない仕事です。イギリスにいたころは未婚で子供もいなかったので、週末や祝日に働くことは苦になりませんでした。しかし、 パートナーや子供、友達と時間の合わないこの仕事は、残念ながら、結婚や出産などを考えるには不向きな仕事 だと思います。 この仕事の魅力のひとつに給料が良いということが上げられると思います。 夜の仕事は基本的にどの仕事でも給料が高めですよね。今から約10年前、私がイギリスのカジノで働いていた時の年収は1年目でポンド(年、1ポンド約円だったので、日本円に換算すると約万円)でした。これは固定給で、一ヶ月ポンド、ボーナスは1か月分なので、合計でポンドになります。しかし、「ディーラー」の収入のもうひとつの要素はチップです。チップは平均して、月にポンドもらっていたので、それを合わせると年収ポンド(万円)になります。ちなみに、年、日本の高校卒の初任給が16万円だったことを考慮するとかなり良い報酬ですね。 近年、常に売り上げが減少していたカジノ産業ですが、年、年と2年続けて増加の傾向を示しています。 日本でもカジノ法が成立しました。今後「ディーラー」の仕事は、海外だけでなく日本でも求められる職種になると思われます。 もちろん学校で学ぶのですが、 私にとって一番の先生は「友達」 でした。留学1年でずいぶん上達して、アルバイトぐらいはできるレベルになり、そのあと専門学校に行き始めて、現地の友達もでき、その友達と話しながら学んだことは数え切れません。 「学校である程度文法を頭に入れたら、ひたすら話す」 、これが英語を話せるようになるのに一番の早道だと思います。私もそうでしたが、外国の人と比べて特に日本人は失敗を極度に恐れる傾向があります。 「間違えたら恥ずかしいから話さない」と無口になりがちですが、それでは一向に上達しません。 間違いだらけでも良いからとりあえず話してみてください。そうやって話しているうちに知らず知らず上達しているものです。

【日本人ディーラー】海外のカジノで働く「ディーラー」の仕事のキャリア・レポート

カジノの中でも スロットゲーム と並んで大人気なのが、バカラ、ブラックジャック、 ポーカー といったカードゲームや、 ルーレット などのテーブルゲームです。 カジノを楽しんでいると、 ごく当たり前の存在に感じるディーラーですが、誰しもがなれる訳ではありません 。カジノディーラーになる為には、まずディーラーとして求められる専門的なスキルや知識を習得する必要があります。一流のカジノディーラーは様々なカジノゲームのルールはもちろんの事、カジノの歴史や法律の知識、世界中からやって来るお客さんに対応するための英語力も身につけています。 そしてディーラーには、手先の器用さやテクニック、勝利したプレイヤーの配当を瞬時に計算し素早く分配するといった頭の回転の速さはもちろん、カジノリゾートブランドの『顔』としてプレイヤーを楽しませる気配りや会話力などの接客・ホスピタリティ能力も求められます。 カジノディーラーはなかなかハイスペックが必要とされる職業 であると言えます。 カジノディーラーになるにはまず カジノゲームのルール、ゲームの進行方法、確率計算、更にはカジノの歴史や法律 を学び、ディーラーとしてスムーズに実践できるようトレーニングをしなければなりません。これを身に着けられるのがカジノスクールです。日本にもディーラーを養成する学校があるので、一番の近道はそのようなスクールで学ぶ事です。また、日本にもいくつかある、お金は賭けない『アミューズメントカジノ』で働きながら仕事を覚える事も可能です。 意外に思われるかもしれませんが、 カジノディーラーは『強いプレイヤー』である必要は全くありません 。例えばプレイヤーの判断がゲーム結果に大きく影響する ブラックジャック 。プレイヤー対ディーラーの対決になるわけですが、プレイヤーが自身の判断で次のカードを引くかどうか決めるのに対し、ディーラーは機械的にゲームの決まりに従うだけです。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。