記号

カジノ法案最新情報まとめ【2020年最新版】|「日本カジノ研究所™」

の遊び方カジノを含む統合型リゾート 54452

わかりやすく解説!「カジノを含む統合型リゾート(IR=Integrated Resort)」とは。

カジノ含む「統合型リゾート」計画進行中

カジノの収益が見込めるため大規模な設備投資を実現できるビジネスモデルである。 民間投資で行う事業モデルであり、 税負担なき 経済対策、都市政策として注目を集めています。 現在、カジノを含む統合型リゾートは諸外国においてスタンダードなモデルとして確立されています。世界のか国以上でカジノが合法化されており、多くの国が カジノを観光の目玉 として成功しています。中国の特別自治区であるマカオが大発展を遂げたほか、シンガポールやフィリピンの巨大IRが話題になるなど 国際観光競争力の強化 に取り組んでいる。 日本においてもIR推進法案(通称:カジノ法案)が成立する機運が高まっています。 政府は観光先進国への新たな国づくりに向けて、新たな観光ビジョンを策定。 訪日外国人観光客数の目標人数を年までに4,万人、年までに6,万人を掲げています。訪日外国人旅行者がストレスなく、快適に観光を満喫できる環境整備に向けて対応をしていくうえで、日本の魅力「おもてなし」を最大限に世界に発信できる カジノを含むIRの導入は必要不可欠 であると述べています。 カジノを含むIRは日本の魅力を世界に発信することが目的であり、観光産業を活性化する起爆剤です。 アジア内においても遅れをとっている日本だが、IR誘致が決定すれば雇用の促進、外貨の獲得、税金の確保、地域経済の活性化、違法賭博場の防止など、経済波及効果に大きな期待が寄せられています。

政府はカジノを含む統合型リゾート施設(IR=Integrated Resort)の規制案を自民、公明両党の関係部会に示しました。

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。 では、この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、カジノのほかにホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設を一区画に含んだ 複合観光集客施設 です。

カジノを含む統合型リゾート施設(IR=Integrated Resort)とは

お金を 賭 か けてゲームを楽しむ場所(カジノ)の入った「統合型リゾート(IR)」をつくる計画が進んでいる。全国の8地域が検討していて、最大で3カ所が認められる見込みだが、賭け事(ギャンブル)にのめり込む人への対策ができていないという声も根強くある。 カジノは、お金を賭けてトランプやルーレット、スロットなどのゲームができる場所のことだ。世界ではアメリカのラスベガスが有名で、日本の近くでは、韓国や中国の特別行政区のマカオと香港にもある。  日本でも今、カジノを含め、国際会議場やホテル、劇場などの娯楽施設を合わせた「統合型リゾート」をつくる計画が進んでいる。英語では「Integrated Resort」。この頭文字をとって「IR」と呼ぶ。  日本の人口はだんだん減ってきているうえ、お年寄りが増えていて、これまでのように経済を成長させることが難しくなっている。政府は、外国から日本に来て観光する人の数を増やすことで、これを補おうとしている。  年は万人の外国人が日本に旅行に来ていて、これを30年に6千万人にまで増やすつもりだ。カジノがあれば、より多くの外国人に来てもらえると考えている。  カジノで稼いだ利益はIRの他の施設を運営する費用に回す見通しで、利益の3割を国や地方自治体に納めるルールもある。人口が減って働く場所も少ない地方の自治体の中には、落ち込んだ経済をカジノで元気にしたいと考えているところもある。 実際に計画を進めるのは全国の自治体で、政府が計画を審査して3地域を決める。今はそれぞれの自治体の中で誘致するかどうか話し合っている段階で、来年には申し込みが始まる。早ければ来年にも3カ所が決まる予定で、開業は20年代前半になると見込まれている。  国土交通省が9月に意向を聞いたところ、北海道、千葉市、東京都、横浜市、名古屋市、大阪府・市、和歌山県、長崎県の8地域が「予定している・検討している」と回答した。しかし、北海道や東京都のように、自治体のトップが正式に誘致を表明していないところもある。調査で「予定していない」を選んだ自治体でも今後、計画を申し込むことができる。  ただ、ホテルの客室全体の広さを10万平方メートル以上にするなどの条件がある。50平方メートルの部屋なら2千室が必要で、利用者数がかなり見込めないと厳しい。地方都市からは「事実上、大都市にしかつくれない」との批判も上がっている。  ギャンブル依存症の問題もある。カジノにのめり込んで多額の借金を抱える人が出るのではという心配だ。  政府は利用回数を制限する法律を設けた。日本人と国内に住んでいる外国人について「入場料6千円」「利用は7日間で3回、28日間で10回まで」と決めている。カジノに入る時はマイナンバーカードを使った本人確認が必要で、「世界最高水準の規制」と強調している。  ただ、本当にこうした対策で十分なのか、効果を疑う声もまだまだ大きい。

統合型リゾート - Wikipedia

統合型リゾート (とうごうがたリゾート、 英 : Integrated Resort 、略称: IR )とは、 国際会議場・展示施設 などの MICE 施設、 ホテル 、 商業施設 ( ショッピングモール )、 レストラン 、 劇場 、 映画館 、 アミューズメントパーク 、 スポーツ 施設、 温浴施設 などと一体になった複合観光集客施設のこと [1] 。日本においては、 地方自治体 の申請に基づき カジノ の併設 を認める区域を指定して設置される予定である。 マカオ や シンガポール など、近年に統合型リゾートを設置した外国都市が国際的な観光拠点として多数の観光客を進める中で、 訪日外国人観光客 (インバウンド)を集めるプロジェクトの一つとして、日本国内への統合型リゾート設置が注目されている。しかし現行の 日本 の法制度では カジノ が違法とされているため、統合型リゾートの推進にあたっては、カジノの法制度化が大前提とされていた。

横浜市がカジノ含むIR=統合型リゾート誘致を表明(19/08/22)

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。