記号

オンラインカジノの基礎知識と始め方【初心者向け】

オンラインの基礎サンレモカジノ 33820

毎日10名様 に Amazonギフト券 または App Store&iTunesギフトカード5,円分 が当たる!

稼いだ税金はどうなるの?

この混沌とした状況を見て、年10月にプーチン大統領が介入し、実質的にカジノ賭博を禁止する内容の法案を議会に提示、年12月30日に議会で可決された。法律の内容は、都市部における全てのカジノ施設とスロット・パーラーの全面的閉鎖であり、既存施設の段階的閉鎖を命じる内容になる。一方、全てのカジノを禁止したわけではなく、ロシア国内では、観光地とはほど遠い過疎地ともいえる4つの地域にのみ、特別区を設け、この4つの地区におけるカジノ施行を認め、カジノ運営のライセンスを付与するとした。同様に、インターネット賭博も禁止されたが、国が運営するロッテリーとブック・メーカーは禁止の対象とはなっていない。4つの地域とはいずれも、過疎地に近く、一つはRusskiy島のPrimorsky Krai(極東ウラジオストック市から52Km)、二つ目は中国国境に近いシベリアのAltai Territory、三つ目はRostov に近いKrasnodar。四つ目は、 リトアニア、ポーランドに挟まれたKaliningradとなる。ロシア国内に無数に存在した全ての小さなカジノやスロット・パーラーは全て年7月1日までに閉鎖、一方、投資規模が万㌦以上、施設規模が平方フィート以上の大きな既存のカジノは年7月末までに閉鎖することとされ、この措置は厳格に実施された。 欧州大陸においては、現在に至るまで、米国的な巨大投資を伴う統合型リゾートを作ろうという動きは、英国やスロベニア等にも過去存在したが、いずれも様々な制約要因を克服できず、実現できていない。小規模、多数を前提として長年に亘り成熟市場を形成してきた欧州市場においては、市民社会におけるカジノ施設の位置づけは米国とは大きく異なる。この欧州諸国において、米国的なマス市場を狙うカジノを核とするIR 統合型リゾート やMICEが実現できるか否かは、未だ定かとはいえない。 イタリアの国境に近い4ヶ所にカジノが存在する(ベニス~スロベニア国境~, サンレモ~フランス国境~, サン・バンサン~スイス国境~, カンピオーネ~アルプス国境~)。これら4つの施設は内務省が規制者として管理し、施設自体は地方政府が所有している。サンレモ、ベニスでは市政府が運営を担うが、キャンピオーネでは民間事業者に運営が委託されており、地域毎に管理事情も異なる。過去の制度や慣行に基づきその存在が求められているとはいえ、これら4施設の管理に関し一般的な規範が存在するわけではなかった。かつ過去の経緯より、この4施設以上に新たなカジノ施設を実現する議案が過去議会には提出されてはいるが、実現していない。 スエーデンでは、同国刑法の規定により、国が認証していない賭博サービスを提供することは犯罪行為となる。賭博行為を制限する根拠は、公共秩序を維持し、犯罪を抑止し、依存症を防止するためとある。例外的に、制度として認められた賭博行為は、「ロッテリー法」(年Lotterilagen)と「カジノ法」(年Kasinolag)という二つの法律に基づいている。このロッテリー法が定義するロッテリーとはVLTやパリ・ミュチュエル賭博等を含むかなり広い定義となっている。この二つの法律により、全ての賭博行為は、賭博種毎に国、地方政府、国の機関によるライセンス交付の対象となり、かつ全ての賭博行為は、国の機関である「スエーデン・ゲーミング委員会」(Gaming Board for Sweden)が法の全般的な施行の監視・監督を担う役割を担っている。地域単位でのロッテリーのライセンスの付与は市、郡等の地方政府が権限を保持し、専ら非営利団体にライセンスが付与されている。その他の国レベルでのロッテリーや様々の賭博種は国が国営企業となるATG社及びSvenska Spel社に対し、独占的なライセンスを付与しており、一部のゲーム種に関しては上述したスエーデン・ゲーミング委員会がライセンスを付与するという複雑な仕組みである。一方、陸上設置型カジノは、別途「カジノ法」で規定され、国営企業による独占が制度上明記され、上述したSvenska Spel社が独占事業体としてその運営を担っている。同社が運営するカジノ施設は4ヶ所になる(ストックホルム、ゴータベルグ、メルモ、サンズヴァル)。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。