記号

2020年5月最新版!オンラインカジノおすすめランキング8選【徹底比較】

オンラインカジノ比較出金限度額 66124

アイウォレットはイギリスと香港に拠点を置く電子決済サービス。口座開設には本人確認書類が必要ないのでスムーズに開設することができます。 オンラインカジノへの送金もオンラインカジノから送金を受け取っても手数料は一切かからないのでとても便利にお得に利用することができます。エコペイズに次いで利用者の多い決済サービスです。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

インターカジノは20年以上の運営経験があり、老舗として信頼できるオンラインカジノです。 プレイヤーを第一に考える堅実なカジノという印象でしたが、日本人プレイヤーに親しみやすく使いやすいサイトを目指して年1月末にリニューアル! 今までのボーナスと大きく異なる点は、ウェルカムキャッシュには 出金条件が設定されていない ことです。 交換してゲームで使うことは勿論、そのまま出金することも可能です。 ウェルカムキャッシュはリアルマネーでゲームをプレイするたびにクレジット(ロイヤリティポイント)が貰えるロイヤリティプログラムの景品としてショップに出品されています。 ゲームの勝敗に関係なくお金を賭けるとクレジットが貯まっていって確実に受け取れるのも嬉しいポイントです。

ライブカジノ比較!おすすめオンラインカジノ

代表的なソフトウェアは、HoGaming(VIP)。Asia Gaming(オリエンタル)・n2live(インペリアル)など、他のオンラインカジノではあまり見かけない独自のソフトウェアを採用しているのも特徴の一つです。 しかも総テーブル数は以上と圧倒的な多さ!PAIZA CASINO(パイザカジノ)で遊べるゲームはブラックジャック・バカラ・ルーレットで、その中でもライブバカラのテーブルが多く用意されています。 特にアジアゲーミングライブのライブバカラは1ベット最高万!PAIZA CASINO(パイザカジノ)の入金・出金上限額ともに無制限ですから、本場のVIPカジノに匹敵する贅沢なライブカジノを楽しめます! JOY CASINO(ジョイカジノ)は年に運営開始と、比較的実績が浅いオンラインカジノです。しかしライブカジノには、あの大手ゲーミングソフトウェア:NETENTやEvolutionGamingを採用しているとあって人気が高まっています!

オンラインカジノの主な出金方法

一昔前までは、 オンラインカジノ の勝利金は小切手で出金することが一般的でしたが、 最近は電子決済サービスや仮想通貨を利用した出金方法が主流 です。 その中でもエコペイズやアイウォレットは、日本のカジノユーザーに大変人気があります。 利用する決済方法によって、手数料や出金手配の時間が異なるため、カジノで出金を行う前に 各決済方法 の特徴について、よく知っておくことが大切です。 さらにほとんどのカジノでは、 指定された「 賭け条件 」を満たさなければ、出金ができません 。 オンラインカジノでの出金方法として、最も利用されているのが電子決済サービスです。 代表的なのは、カジノで一番人気のある エコペイズ(EcoPayz) と アイウォレット(iWallet) です。 最近では スティックペイ(Sticpay) や マッチベター(Much Better) 、 ジェットオン(Jeton) など、新しい電子決済サービスを取り入れているオンラインカジノも増えてきています。 カジノで利用できるポイント換金サービスには、 ヴィーナスポイント(Venus Point) が挙げられます。主に、クレジットカードで入金を行うプレイヤーの出金手段として利用されています。ヴィーナスポイントでの出金は、基本的にカジノ側での手数料は発生しません。ヴィーナスポイントから出金する際には、換金手数料が発生しますが、他の決済サービスに比較すると圧倒的に安いです。出金手配にかかる時間も、最大で3日となっており、通常6時間以内には手配が完了します。注意点としては、土日祝日は出金手配が一切行われないという点が挙げられます。 オンラインカジノが金融機関にて小切手を発行し、 エアメール(航空郵便)にて 登録住所へと小切手を送付する方 法です。小切手を受け取ったら、銀行で現金化する必要があります。 小切手は海外の金融機関で発行されるので、必然的に受け取るのは「外貨小切手」となります。そのため、日本円への現金化の方法がやや複雑であることがデメリットとして挙げられます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。