記号

【必見!】大陸別カジノができる国一覧

オンライン合法スペインのカジノ 21758

スペイン語は世界で最もギャンブルの国の1つですが、では最初の宝くじがここで開催されました。 では、スペイン政府がギャンブルの法的規制を決定しました。 最初は、スキルに基づいたギャンブルにのみ適用され、ではスロットマシンやその他の同様のギャンブルエンターテイメントが合法化されました。 初期の80では、12を超えるオペレーターがスペインでカジノを開設するライセンスを受け取りました。 今日のスペインのギャンブル業界は活況を呈していることに注意してください。 この国には、60以上のカジノと、約25万台のゲーム機があります。

世界中のカジノ合法国は130ヵ国以上

現在、日本のカジノ合法化が話題になっていますが、世界中の国では、カジノをどれぐらい合法となっているのか調べてみました。 国によって微妙に違いますが、カジノの対する認識は「悪に繋がる行為」として、ほぼ一致していますが、経済効果・雇用創出などを考え、多くの国で合法化されています。 その数は、実に130ヵ国以上。 更に、まだ日本と同様に非合法の国でも、合法化に向けた法整備が進んでいます。 アメリカ大陸のカジノ合法国の代表はアメリカ合衆国でしょう。世界中で知られるカジノエリア「ラスベガス」があります。ですが、アメリカは、英語名にするとよくわかるのですが、「United States of America」と言われる連邦国ですから、州によっての法律が異なります。一概にアメリカとはいえ、カジノが非合法の地域もあります。 調べて見るまで知りませんでしたが、ブラジルは、日本と並んで、世界でカジノが出来れば巨大な市場になると見込まれている「巨大未開拓市場」なんです。日本と同じように、競馬などの公営ギャンブルは存在するが、カジノは合法化の論議中という段階のようです。 経済がかなり低迷している国でもあるブラジルですから、税収を考えれば絶対にカジノは良いのでしょうが、その分、マフィアなど「悪」の部分の要素が強すぎるのでしょうね。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

こんにちは! Casimo編集長の笠原豪です。 今回は 大陸別にカジノができる国 ついて紹介していきます。 日本でもカジノに関連する法整備の進展がみられるなど、近年カジノは大きな話題になっています。 カジノは巨大な資金源になり得るので、世界中の国や地域で重要視されている施設です。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。