記号

個人投資家が投資の世界で勝つための「コバンザメ戦術」とは?

システム投資方法勝ちポイント 39786

ダイヤモンド・ザイの大特集は「株・投信・貯金で実現! 人生で必要な1億円の作り方!」。人生で必要なお金の内訳や、上手にお金を貯めるためのルールを紹介するほか、投資に抵抗感がある人にもわかりやすく、株や投資信託の運用効果を解説している。また、株で資産を大幅に増やした6人の個人投資家のワザも紹介しているので、初心者も投資経験者も必見だ!

勝つためのIT投資戦略

野間彰 著。 IT投資が減速傾向にあるなか、提案力強化や提案人材の育成がベンダーの重要な経営課題となっています。その背景には、システム提案競争の厳しさが増していることがあげられます。顧客が、システム発注にかかわる制度を充実させていることも見逃せません、その影響もあり、これまで付き合いがあったベンダーへの特命受注が減り、競争入札が増えています。 しかし、このような状況下でも、常に高い勝率を誇るベンダーやコンサルティング会社、提案者が存在します。なぜ、彼らは高い勝率を維持できるのでしょうか。 本書では、提案で成功している企業・人が共通して身につけているノウハウを19のポイントに整理して、その手法と活用方法を紹介します。 原則1:引き合い前の活動 競争相手よりも先にテーマを見つけ、充実した準備を行なう ポイント1 顧客の潜在需要を刺激して、提案するテーマを明らかにする ポイント2 継続的なコミュニケーションで、顧客のテーマ推進を支援する ポイント3 事例を手みやげに、「いつでも会える顧客」を増やす ポイント4 提案計画の仮説を作り、計画的に推進する。 原則2:新たなテーマの創出 自社の実績とシステムベンチマークから、新たなテーマを生み出す ポイント5 顧客に提供できる革新策を実績から取り出し、新たな市場を開拓する ポイント6 競争相手や先進異業種の革新実態を調べ、新規テーマを生み出す ポイント7 提案方法とリソース調達計画を徹底的に詰め、自分の領域を拡大する。 原則3:提案 1 経営課題を解決し、経営に貢献するシステムを提案する ポイント8 革新策を充実させ、顧客経営者に訴求する ポイント9 実績を活かし、顧客が気づいていない問題を見抜く ポイント10 ディスカッションを通じて、書面に書かれていない顧客の意図を突きとめる。 原則4:提案 2 知見を結集し、差異化・信頼獲得を行なう ポイント11 知見を結集させ、競争相手のつけ入る隙を残さないようにする ポイント12 顧客がベンダーを選ぶ本当の理由を知り、勝つためのメッセージを作る。

免責事項や著作権など

しかし,このシステムだと5時から14時の9時間分, 「少し未来をのぞきつつ決定する投資(15時間前の判断でOK)」 ということになります。 dポイント投資はポイント以上からポイント単位で可能です。利用可能なのは通常ポイントのみで,期間・用途限定ポイントは利用不可です。残念。 手数料は無料 ですので,気軽に試せますね。 現在のdポイント投資は,必勝とまではいきませんが, 勝率5割以上にすることは可能なシステム なので,ぜひまずは手元のdポイントから投資を始めてみてはいかがでしょうか? 次にTHEOインカムAIです。こちらは,債権を中心にした組入れ銘柄になりますので,上下動が少ないです(上記は 年9月のリポート による)。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。