受賞者

カジノ入場、日本人は週3回・月10回まで 政府規制案

日本版カジノカードを守る 13345

この2部構成のシリーズでは、Inside Asian GamingのCEOであるアンドリュー・W・スコットが候補地および候補事業者を深く掘り下げていく。

ブラックジャックのセオリーとは?

先程説明した様に、ブラックジャックは、確率論である程度計る事ができるゲームなので、セオリーが存在します。 以下が、自分に配られたカードとディーラーのカードによっての、次の手の決め方(ブラックジャックのセオリー)となります。 見て頂くと、納得できると思いますが、自分もディーラーもバーストする確率があるならば、ステイしたりスプリットするのが、大まかにいうと「一般的な遊び方」になります。 要は、両者共にバーストの可能性があるならば、先にバーストしてまうのが損という考え方になります。 確率論で見ると、しっかりとした納得できる情報になるので、セオリー通りの遊び方も良いと感じます。でも、ディーラーは、16以下はヒットして、17〜21の場合は、無条件にステイというルールが存在するので、逆に確率関係無く、良い数字に収まることも沢山起こります。 だから、セオリー通りに遊ぶ「セオリー論者」と、セオリーや確率を無視して遊ぶ「セオリー無視者」が登場し、トラブルが発生するのです。 例えば、この真ん中の人(さとみ)が自分だったとしたら、先にカードが配られる(Silva)が17で止めずにヒットした場合、配られるカードは(J)ではなく、(マリマリ)に配られている(10)になります。 ブラックジャックは、10〜13は、10として扱われるので、結果は、変わりませんが、この様に前の人の選択によって、自分に影響がでてしまします。 だから、この結果で、21じゃなく変な数字に落ち着いてしまった場合に、文句も言いたくなる場合もあると思います。 これが、「セオリー論者」と「セオリー無視者」のトラブルの原因です。 でもトラブルになるのは、全て「自分が負けた時だけ」です。 前の人がセオリーを無視したヒットをした所で、もしかすると、その方は21に収まる言い数字になるかもしれませんし、逆にヒットしてくれたお陰で、こちらに良いカードが来るかもしれません。 でも、怒って口出しをしている人の多くは、この場合には、嬉しそうな顔をして、「GOOD HIT」などと言ったり、ディーラーがバーストした場合には、「ALL HAPPY」などと言います。 ですが、結果論で、自分が良い数字にならず負けたり、前の人のヒットが無ければ、勝っていたという結果を見たら大変です。 かなりの「大激怒」をかましてきます。

EY Japan 統合型リゾート支援オフィス 「日本版」IR・カジノ創生への論点 – 第3回前編

日本の成長戦略にとって欠かせない地方創生。政府の重点施策の一つであるが、カジノを含めた統合型リゾート((IR)は地方経済に大きなインパクトを及ぼすとみられている。 IR導入にあたっては、特にカジノにおける不正防止のための内部統制の仕組み作りが欠かせない。内部統制について考える上でのポイントは何か。 この分野に詳しい国際カジノ研究所所長の木曽崇氏、EYフィナンシャル・サービス・アドバイザリーの佐藤誠氏、EY Japan統合型リゾート(IR)支援オフィスの小池雅美氏の3氏に話を聞いた。 内部統制は最重要課題 木曽  カジノビジネスを考える上で、内部統制は非常に重要です。ライセンスを守るためにあらかじめ最低限のルールを定めて、それに基づいて運営する。それは自分たちの商売を守るということですね。 小池  ライセンスビジネスですから、究極的にはライセンスの剥奪ということもあります。そうならないためにも、内部で定めておくべき手続きやルールが必要です。カジノにおいては、不正や間違いが起こることが前提で考えなければなりません。

第1部:候補地の紹介

お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくは サイトポリシーのページ をご覧ください。 All rights reserved。 No reproduction or republication without written permission。 カジノ入場、日本人は週3回・月10回まで 政府規制案 年2月15日 12時01分。 シェア ツイート list ブックマーク 0。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。