受賞者

■フィリピンへのお金の送り方

入金方法VISAセブ島新カジノ 27923

サイト管理人は2つの方法でフィリピンに送金しています。 一つは定期的に家族への送金で メトロバンク を利用しています。近くの銀行からメトロバンクの口座へPINナンバーをつけて振り込むだけで簡単です(PNBより簡単)。 もう一つはフィリピンで長期滞在になってお金が足りなくなった時の自分への送金で MoneyT Global を利用しています。フィリピンから日本の銀行にアクセスして自分の口座からインターネットバンキングで Money Tに必要な金額を入金すると、当日もしくは翌日には現地でお金を下ろせます。あまり頻度は多くありませんが、フィリピンにいながら自分のお金を受けとれるのでとても便利です。 その他にも送金方法があります。下記参照してください。

海外送金サービス会社を利用して送金する

セブ島のあるフィリピンでは一般的にフィリピンペソが使用されています。 従って特別な条件でない限りは基本的にフィリピンペソで全て支払いを行います。逆にフィリピンペソ以外では支払いができないと思って頂いてよいと思います。 現在年6月末時点、大幅円安の影響で1万円は約ペソ程度でやり取りされています。 ただ、為替レートは近年で大きく変動しています。 2か月前と全く違う為替レートになることもありますので、出発直前にインターネットやニュースなどで事前に為替レートを確認しておくと旅行の予算も比較的に決定しやすいかと思います。 今回の様に日本円から フィリピン ペソへ両替する場合は、フィリピンの現地で両替する方がレートがよくなります。 理由は、通貨の流通において、世界的に日本円の流通の方がフィリピンペソより順位が高く、貨幣としての価値が強いからです。 両替を行う場合は、ホテルや空港ではレートが悪いことがあります。例えばホテルや空港の両替は、レートの良い両替所に比べペソからペソ程度の差があります。 このような状態になる理由は、ホテルや空港などレートが悪くても両替をする人が多い場所なので、換金する側も手数料を大目に設定することがある為、必然的に悪いレートになりがちです。 両替のレートの良い悪いの判断をする方法を説明します。 インターネットのヤフー為替やスマートフォンの為替アプリケーションなどでその日の為替レートを確認することができます。そうすると両替所のレートが良いのか悪いのか判断することができます。 セブ島ではほとんどありませんが、BuyとSaleの2つのレートが表示されている両替所では見間違えに注意する必要があります。 例えで説明するとBuyとは日本円からフィリピンペソへ換金する際に適用されるレートになり、Saleとはフィリピンペソから日本円へ換金する際に適用するレートになります。

1.原則としてフィリピンペソがあればOK

追加代金にて各地発着ありとは 当ツアーは表示の出発空港だけでなく、日本全国各地から特別代金追加にて飛行機や鉄道などを利用しご参加いただけます。詳しくは「追加代金にて各地発着あり」をクリックしてご確認ください。 注:「旅行開始後」とは、特別補償規程に規定する「サービスの提供を受けることを開始した時」以降をいいます 「旅行開始後」の一例 *添乗員、当社社員、受付要員が受付を行う場合はその受付完了時 *当社が受付を行わず、お客様が航空券をお持ちの場合は、お客様のみが入場できる飛行場内における手荷物の検査等の完了時。 ツアーにお申込いただく際は、当社からお送りする書類の受け取りや、代理で入金手続きを行っていただける日本在住の方が必要となります。 お申込後のお客様へのご連絡方法は、メールもしくは日本在住の代理の方と行わせていただくことになります。お申込の確認がとれました後に、メールにて代理の方のお名前・ご住所・電話番号をお伺いいたしますので予めご了承ください。 All rights reserved。 南の楽園セブ島4日間(ウォーターフロントセブシティホテル&カジノ指定) |海外旅行|阪急交通社。

2.一部では米ドルも

フィリピンのセブ島は世界中からダイバーが集まる、ダイビングスポットとして昔から有名な島で近年多くの日本人が訪れています。 ところでセブ島の通貨や物価がどれくらいなのか事前に知っておかなければ旅行の予算を立てられません。 フィリピン ペソの通貨構成ですが、最少単位の通貨はセンタボと言う通貨があります。ただし、今ではほとんど使用されてませんので、1ペソ硬貨だと思ってもらって大丈夫です。次に5ペソ、10ペソの硬貨が使用されてます。 米ドルで決済が可能な場合と言うパターンもなくはありません。 インターネットでの決済や、大手リゾートホテルやカジノなどのアクティビティでは米ドルでの支払いも可能です。また銀行振り込みやデポジット料金の支払いなども米ドルで支払うこともあります。 セブ市内を観光する場合、個人で行動する場合は基本的にタクシーで移動になると思います。 セブ市内の主要スポットを回る場合、タクシーの料金はペソ程度で+ショッピングと食事の予算と言う計算になります。 ショッピングや食事を充実させるのであればやはりペソ程度が必要に。 合計でペソ程度をお持ち合わせるとよいかと思います。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。