受賞者

カジノ法案・最新情報まとめ!【2019年版】

ゲームの流れカジノIR 17546

遊びながら覚えたいという方にはブライトが運営するアミューズメントカジノやカジノイベントの出張サービスも行っておりますので、お気軽に お問い合わせ ください。

カジノ法案の基礎知識から最新情報まで全てがわかる!

リゾートワールド・セントーサ RWS が、年2月4日に最初のカードを配った瞬間から、シンガポールの統合型リゾートは、世界のゲーミング市場をリードしてきた。RWSとマリーナベイ・サンズ MBS は、IRデザインと運営に関する新基準を確立し、親会社のゲンティン・シンガポールとラスベガス・サンズに驚異的な利幅で巨大な利益を届けている。 シンガポールのIRは、観光地として、そして生活や仕事のための場所としてさえも、その街のイメージを改善させた。会議、ホスピタリティ、買い物そして飲食ですでに有名であった街で、IRは各ジャンルのレベルをさらに一段引き上げた。政府と事業者の間で昨年締結された90億シンガポールドル 約7,億円 の拡張契約によ って、両IRの特徴的な機能、そしてシンガポールの観光の選択肢が強化される。 これらIRの実力の中で他のライバルを蹴散らせていない唯一の分野が、ゲーミングフロア上にある。年の予想ゲーミング粗収益は60億米ドルだった。これまでこの数字を上回ったことは一度もなく、昨年のGGRは50億米ドルあたりだった可能性が高い。ベネチアン・マカオは定期的にマーケットリーダーのMBSを上回り、サンズ・チャイナが持つコタイの4つ全ての施設がそのテーブル当たりの売上に勝っている。 MBSはゲーミング機毎の売上でLVS内でのトップに立っている。 通商産業省は、Inside Asian Gamingからの質問に対して書面で回答し、「統合型リゾート IR は、シンガポールのレジャー、エンタ ーテイメントそしてMICEの選択肢を広げ、シンガポール観光の魅力を強化すると同時に、地元経済に貢献し、シンガポール人に良い仕事を創り出す大きなスケールの象徴的な生活の場として考えられていた」と述べた。

動画で見るカジノゲーム

IRとは「Integrated Resort」の略であり、直訳すると「統合型リゾート」です。メディアなどでもIR(統合型リゾート)と表記している例が多いと思います。統合型リゾートとは具体的には以下のような設備が一体となった複合施設のことを指します。 IRに関しては前記したメリットだけではなく、デメリットとして考えられている事もあります。 デメリットとして語られる事が多いテーマとしては様々なケースがありますが、一番大きく指摘されている点がギャンブル依存症が増加するという点です。 他では、実際にカジノを開いてみたは良いものの、人が全然来ないという状況もあり得るという事も指摘されています。 前述の通りIRには様々なメリット・デメリットがありますが、日本国内においてはそもそもカジノが法律で禁止されているため、IRを誘致できずにいました。しかし経済的に大きなメリットがあることを鑑み、年に「統合型リゾート IR 整備推進法案」が成立したため、これをきっかけに、日本国内でもカジノが解禁される道が開かれました。 とは言え「統合型リゾート IR 整備推進法案」は、今後のIRの運営方針を定めるものであり、具体的にいつ・どこにIRをするかは決定していません。今後はカジノを運営するうえでの細かいルールを法律で定めた後、IRを誘致するという流れです。

ゲームの流れカジノIR 16602

カジノゲームのルールと攻略ガイド

IR(統合型リゾート)を設置するためには、誘致を望む都道府県などが事業者と整備計画を作り、国から認定を受ける必要があります。設置できる箇所数は、現時点では 3箇所 に限られていますが、 最初のIRの認定から7年 が経過した時点でその数を増やすかどうかを見直すことになっています。 アメリカのシティグループが、東京・大阪・沖縄にカジノを作った場合の市場規模を試算したところ、その額は 約1兆億円 とされています。また、CLSA(証券会社)は全国12箇所でカジノを作った場合の売上について、 約4兆円 と予測しています。

Now is your chance!

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。 では、この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、カジノのほかにホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設を一区画に含んだ 複合観光集客施設 です。 日本から気軽に行ける大規模なIRといえばマカオ。「ヴェネチアン・マカオ」は館内がまるごとヴェネツィアの街に!ゴンドラで移動しながらショッピングが楽しめます。 他にもエッフェル塔がそびえ立つ「ザ・パリジャン・マカオ」など、スケールの大きさに目を見張るばかりです! 世界のカジノ都市を代表するアメリカ・ラスベガスには、カジノホテルがたくさん。ラスベガス最初のカジノホテルとして知られる「フラミンゴ・ラスベガス」は、まさにオールド・アメリカンなカジノのイメージそのもの。 映画のようなクラシックなカジノ体験が待っています。 最初に法案が提出されてから6年、カジノ法案が成立するまで、非常に長い間議論がされてきました。今でも反対派の意見は根強く、それほどまでに賛否が分かれる法律なのです。 その賛否の元とも言える、カジノ法案によるメリットと問題点を見ていきましょう。 日本は、いまだ停滞している経済状態を打破するため、観光大国としての地位を確立することを目指しています。 中国人観光客が日本製品を根こそぎ買っていく姿を「爆買い」と称して話題になったのはまだ記憶に新しいですが、その経済効果は非常に高いものでした。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。