受賞者

ベラジョンカジノで勝てない人へ!オンカジの原理原則と勝率UPの5つの方法

勝ち方ルーレット比国ゲーミングスロット 12822

フィリピンのカジノ市場規模はマカオ、シンガポールに次いで東南アジア第3位。 カジノ施設は国内に54店舗もあり、最近は政府主導で大規模なカジノIR事業を推進しているので、これから更なる成長が期待されている国なんです。

カジノのルーレット必勝法!フィリピンのマニラでの実体験

今回は房総半島には無関係ですが、フィリピンに仕事で行き、 ついでに行ったカジノでのお話しになります。普段ギャンブルは一切しませんが、仕事仲間から折角フィリピンに来たのだから行こうと誘われて行ってみました。 次にチェックするのは、今まで出た数字と色のチェックです。過去数十回くらいまでチェックして黒が多いのか、赤が多いのか、 奇数が多いのか偶数が多いのか、また、 連続で出ていないかを確認します。そして、その中で最もバラけているもので1番多く出ている目を探 し出しましょう。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

こんにちは!カジノ大好き、カジモ編集部の笠原です。 今回は初心者でもわかる 「カジノの遊び方」 についてご紹介します! この記事では「 カジノに行く前に知っておきたいこと 」「 カジノで遊ぶ前の心得 」「 カジノの遊び方 」などについて幅広く説明していきます。 一般的にはヨーロッパは格式の高いカジノが多く、ドレスコードが厳しいところが多い です。 Tシャツやジーンズなどの格好では入れてくれない場合があります。 プレイ中の電話はもちろん、メールやLINEなども禁止されています。 どうしても電話などしなければならない時は一度テーブルから離れてカジノの外で使用しましょう。 外国のカジノであれば入場無料なところがほとんどです。 プライバシー保護の為、 カジノテーブルでの撮影は禁止 です。もし、友達同士で撮りたい場合はカジノスタッフに撮影してもいいか聞いてみましょう。 カジノ内ではアルコールも提供されていますが酔いすぎて暴言を吐いたり、負けて怒ったりすると退場させられることもありますので、 あくまで大人の社交場であることを忘れず良識ある態度 で遊びましょう。

遊びに行く前に知っておきたい!フィリピンカジノの特徴

ルーレットは「カジノの女王」とも呼ばれ、多くの人がプレイする人気ゲームです。しかしこのルーレットには0から36までの37通りがある「フレンチルーレット(ヨーロピアンルーレット)」と0から36、そして00の38通りがある「アメリカンルーレット」の2つが主流とされます。この2つのルーレットはカジノのある国や地域によって採用しているものに違いがあります。 またルーレットの賭け方も当たる数字ひとつに賭ける「ストレート」や隣り合うふたつの数字に一度に賭ける「スプリット」などさまざまな種類があります。 また数字に賭ける「インサイドベット」、列などのカテゴリーに賭ける「アウトサイドベット」とあり、倍率なども変わってくるので見た目のシンプルさとは裏腹に賭け方や勝つための戦術も奥深く、勝つのはなかなか難しいものです。 そんなルーレットの攻略法として 「ベアビック法」 と呼ばれるものがあります。「ベアビック法」はルーレットの戦術のひとつですが、ゲームごとの勝率が94。 それでは「ベアビック法」はどのようにして行うか、やり方をご紹介していきます。 ゲームが始まったらディーラーがベットの終了となる「ノーモアベット」の言葉と共に、レイアウト(賭ける部分)を手でかざすまでの間はベットが可能なので、0と前回出た数字を除く35カ所にベットします。 前回出た数字がわからない場合は1から36の中で好みの数字ひとつをはずして賭けます。 例として前回の結果が「28」であれば、0と28を除くすべてにベットをしますが、自分が座っている位置によっては場所が遠いことがあります。また35カ所にベットをするのは時間がかかるので賭け終わる前に時間切れになってしまい、賭けきれなかった場所がヒットして負けてしまう、ということもあります。 これを防ぐために、「インサイドベット」と「アウトサイドベット」を複合させた「ベアビック法」を行うプレイヤーもいます。 これは前回出た数字がある列はストレートベットをし、残りの列はコラムベットに数字分(1ドルであれば12ドル)をベットすることで、複合させて「ベアビック法」を成立させるというものです。またオンラインカジノであればベットまでの時間制限がないところもあるので、こういったところでは「ベアビック法」がやりやすいと言えるでしょう。 「ベアビック法」のもうひとつのデメリットとして、1ベットが1ドルであれば毎ゲームごとに35ドルが必要となり、当たってもプラスは1ドルなので大きく勝てるものではありません。 さらに勝率は94。 いかがでしょうか。今回は「カジノの女王」とも呼ばれるルーレットの戦術のひとつである「ベアビック法」がどのようなものかや、やり方などをご紹介しました。 賭け金が高いわりに1回あたりの儲けは少なく、人によってはハイリクスローリターンとも考えられるベアビック法ですが、負ける確率が低いだけに少なくても勝ちたいという人には向いています。 ルーレットの賭け時間に制限のある現実のカジノでは賭け切るのも一苦労になってしまうので、オンラインカジノなどで使うのがいいとされる戦術なので、堅実なプレイを求めたい人はベアビック法を活用してみてはいかがでしょうか。 カジペディア カジノゲーム ベアビック法はルーレットに94。 Facebook Twitter はてブ LINE Pocket。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。