受賞者

確率論で勝負するルーレットのベット必勝法を伝授します。

ルーレットで赤黒勝負パラダイスカジノ 27763

あおりbaccarat player a…。

ルーレットで一番確率が上がるベット方法は?

こんにちは!Casimo編集長の笠原豪です。 今回は アジアで絶大な人気を誇る「大小(シック ボー、タイサイ)」のルールや勝率を%上げる攻略法・必勝法 を紹介していきます。 大小は古代中国が発祥と言われていて、3つのサイコロ(ダイス)の出目を予想するカジノゲームです。 大小にはベットエリアがたくさんあって複雑に見えますが、 実際のところはとても簡単で誰でも始めることができます。 カジノに訪れた際は、ぜひプレイしてみてください。 この記事では「 大小のルール 」」「 大小のベットエリアの見方・賭け方 」「 大小の遊び方 」「 %大小で勝率を上げる必勝法 」などについて細かく説明しています。 読むだけで大小で遊ぶ時の勝率が%上がる ので、ぜひ参考にしてください。

ルーレットは確率論の世界

スロットやビデオポーカーなどのマシンゲームで出現するシンボルや絵柄を決定するのに用いられる、ランダムに番号を抽選するシステム。「Random Number Generator」の略称。 ブラックジャックで、ディーラーのアップカードが「A」の時、ブラックジャック役が完成しているプレイヤーに対して発生するオプション。イーブンマネーを選択すればその時点で同額の配当が先付される。 配当「1 to 1」。 マ行 マーカー(Marker) マーク(印)をするための道具。 ゲームによって様々なマーカーがある。ルーレットでは当選番号を示すため、バカラでは勝敗を示すために用いる。 マーキング(Marking) 自分だけが分かる傷や印をカードにつけることで、伏せられたカードでもその中身を知ることができるチーティングの一種。 マーチンゲール法(Martingale System) BETシステムの一つで、賭け金を失った直後、次回のゲームで賭け金を倍にして前回の負け分も取り返そうとする賭け方。 マキシマム・ベット(Maximum Bet) テーブルリミットの上限。 1ゲームにおける賭け金の最高限度額。 マッキング(Mucking) チップを拾い集める技法。 ルーレットなどで散乱したチップを色分けしながら拾い集める。 その人を「マッカー」と呼ぶ。 マルチハンド(Multi Hand) ブラックジャックなどで、1人のプレイヤーが複数のボックスを使ってプレイすること。 マルチハンドではミニマムBET額が変わる。 マルチプライヤーMultiplier) スロットに使われるボーナスシステムで、勝つたびに増える倍額ボーナスのこと。 ミディ・バカラ(MIDI Baccarat) ハイローラー向けのコミッション式バカラ。 ミニ・バカラ(Mini Baccarat) アメリカンバカラとも呼ばれ、少額スタイルのバカラ。コミッションが積み立てで後払いであるのが特徴。(コミッションダウン) ミニマム・ベット(Minimum Bet) テーブルリミットの下限。 1ゲームにおける賭け金の最低必要額。 ヤ・ラ・ワ ユニット(Unit) チップ額の単位の意味。 ライブ・ポーカー(Live Poker) プレイヤー同士で勝負し合い、勝った者が賞金を総取りするタイプのポーカー。 ライン・ベット(Line Bet) ルーレットのインサイドベットの一つ。6つの数字に跨って賭けるもの。 「6 Numbers Bet」ともいう。 配当は5 to 1。 リール(Reel) スロットマシンで、各種シンボルがプリントされている回転部分の名称。一般的には「3~5」リールで構成されたマシンが多い。 リターン(Return) 配当からハウスエッジを引いた払戻率または額のこと。リターンが高い程プレイヤーにとって有利なゲームとなる。 リフル(Riffle) シャッフルの一つで、両手でカードを交互に噛み合わせながら混ぜる技法。 ルーレット(Roulette) ウィールの何番にボールが落ちるかを予想して賭けるゲーム。見た目の華やかさから「カジノの女王」と呼ばれる。 レーティング(Rating) ハウスがゲストに対してつける格付けのこと。平均ベット額とプレー継続時間で決めるハウスが多い。 レイアウト(Layout) ゲームテーブル上に張られたフェルト地に賭け枠や配当率などがプリントされたもの。 レット・イット・ライド(Let It Ride) プレイヤーに3枚のカードを配り、テーブル中央に2枚のコミュニティカードを開き、この5枚でできるポーカー役に応じて配当がなされるアレンジポーカーの一種。 ローリング(Rolling) VIPのビッグプレイヤーがBETした総額に応じてキャッシュバックや、サービスを受けるためのプログラム。 ワイルド・カード(Wild Card) スロットマシやビデオポーカーで、他のシンボルやカードの代用とされるもの。いわゆるオールマイティ。 ワンツーシックス(One 2 Six Shuffle Machine) ブラックジャック用の自動シャッフルマシン式シュー。6デックまで可能。 キャンペーン情報 ベティナビ会員登録。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

そして最後の夜もカジノヘ。普段の私なら、一昨日、昨日と負けたブラックジャックで最後の勝負を、、、、と意気込むところだが、もうそんな気もなし。 3 日間十分過ぎるほど楽しかったから、さらにカジノまで勝って運を使い果たすのも怖い。それに本気でやって負けたら、最高の旅行に汚点を残す。そうはしたくなかった。それで最後の夜は、過去にやったことのないゲームなどをいろいろ体験することにした。そんなことを考えながらAを探すと、既にゲームの真っ最中。そのゲームは「タッチベットターミナル ルーレット」。これは日本のゲーセンのゲーム機のような機械台でやるルーレットで、機械にお金を入れてベット。その数だけ賭けることができる。ただゲーセンのものとの決定的な違いは、実際に数メートルの距離でやっている本物のルーレットをスクリーンで写してやるというところ。つまり実際の台で他人と押し合いへし合いで賭けずに、自分だけの機械で現在進行中のルーレットに参加できるのである。そしてその機械が 20 台くらいあるのでけっこう待たずに空くのだ。おもしろいシステムである。もちろん私はこれを過去にやったことがなかった。ところがAは昨日これを初めてやって、勝っていた。さらにAは実は一昨日もブラックジャックで勝っている。そして結果からいうと、この日もAはこれと他のゲームでも勝って 3 日間で 3 連勝。旅費を稼ぎ出したのだった。流石だ。もともと勝負勘が鋭く、私とは 28 年来の付き合い。将棋では過去に中部学生準名人を取っている。さらに私とは 2 人の間では伝説の勝負もした仲なのである。彼は競馬はやらないが、最近では為替投資で稼いだりしている。私とは性格が正反対で、逆にウマが合う親友である。 3 連勝も別に驚くことではなかった。さて私も空いたところでこのゲームをやった。けっこう楽しかったし少し勝った。でも私にはやっぱりディーラーとの勝負の方が向いている気もした。そこで 30 分くらいで切り上げた。。 次は「ウィール・オブ・フォーチュン」をやった。これは縦に回るルーレットのようなもので、車輪状の輪をディーラーが手で回し静止するまでに賭けるもの。詳細は省くが、これも見たことはあったがやったことがなくて初挑戦。結果は小額の勝ち。次はマカオでもやったことがある「大小 タイサイ 」。これは少し負けた。ここで「ルーレット」が空いたので参加。機械ではなく普通のやつである。そして久しぶりのルーレット勝負で私の出目推測と赤黒推理が冴えまくった。はずれ続けている外人さん達を尻目に当てまくった。小額張りだったが気持ちよかった。これは快心の勝利。 1 時間ほどして出目が変わったと感じたところでフィニッシュ。そして最後に、ずっと気になっていたところへ行った。それはまったく見たことがないゲームだったのだ。カードゲームで一見ブラックジャックに見える。ルールもかなり似ている。ところが細かい部分が微妙に違っているのである。そのゲームの名は「パラダイス ポントゥーン」といった。ポントゥーンのスペルは昼間行った海の上のものと同じ"pontoon"。ということはこれはオーストラリアだけのゲームかもしれない。 確認はしていないからあくまで推測 これを記念にやってみたかった。一応リーフレットを見たし、人がやっているのも見学したから大体のルールはわかりそう。それで空いているところに座った。隣に韓国人の若い子が 3 人いた。男 1 人と女 2 人。私は韓国語はまったくわからないが、ブラックジャックと同じ用語の英語でディーラーのバーストを期待して掛け声をかけているうちに、彼らと仲間のようになった。ちなみに日本のカジノバーとかではバーストという言葉を使うが、オーストラリアでは「too many」を使う。これは 4 年前にキャンベラでさんざんディーラーに言われて覚えて以来、私も使っている。とにかくこのゲームは楽しく、隣の韓国 3 人組と共に私も勝った。「nice card!

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。